ぶどうの簡単な飾り包丁,四方花ぶどうの作り方,和食の水物

スポンサーリンク



「果物の簡単な飾り切り」

今回は果物の盛り合わせや和食の水物に使うことが多い「ぶどうの飾り包丁」をご紹介したいと思いますのでお役立てください。

ぶどうの簡単な飾り包丁

四方花ぶどうの作り方

【1】最初に、ぶどうを水洗いし、房についていた方を少し切りおとして、座りをよくしてください。

ぶどうIMG_4490

【2】次に、十文字の切り込みを上から1/3のところまで入れてください。

ぶどう,十文字IMG_4491

↓↓↓

ぶどう,十文字,切り込みIMG_4492

【3】このあと、皮がやぶれないよう丁寧にむいてください。

ぶどう四方花1IMG_4498

そして、4つの切り込みをすべて広げると「四方花ぶどう」の完成です。

ぶどう四方花2,葡萄IMG_4500

「盛りつけ例」

葡萄四方花,ぶどう盛りつけIMG_4504

注:包丁には十分注意して手をけがしないように仕上げてください。

≫「簡単な飾り切り手順一覧」へ

【関連】

⇒「野菜の飾り切り、手順とコツ一覧

⇒「刺身の盛りつけに役立つわさび台

⇒「トマトの簡単な飾り切り、四方花

皮をむくときのポイント

ぶどうの皮は薄くてやぶれやすいですから、細い串をそえて、はがすようにむくとちぎれにくくなります。

※ 熟していないものは、特にやぶれやすいので注意してください。

【参考】⇒「夏の料理、和食の献立一覧

次の切り方を見る⇒飾り切りのコツ一覧

次回は違う飾り切りでお目にかかりたいと思います。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク