銀なんの健康効果~身体によい薬としての成分と効能とは!

スポンサーリンク



ぎんなん「銀杏」

せき止めと夜尿症改善に効果のある実

ぎんなんはいちょうの種実で、落ちた実を乾燥させて外側の果肉を取り除いています。

ぎんなんの健康効果とは

ぎんなん「銀杏」

962f698969ee3d3abb1ab134ee0763f3_s

効能

「せき、夜尿症、肉体疲労」

タンパク質、脂質、糖質が主な成分ですが、カロチン、ビタミンB1、C、カルシウム、カリウムなども含んでいます。

漢方では、せき止めの成分ともなっているように、昔からその効果があるといわれてきました。

そして、銀なんのもうひとつの薬効といえば、夜尿症や頻尿の改善があげられます。

膀胱(ぼうこう)の括約筋(かつやくきん)を強くする作用がありますから長時間、尿を我慢することができるようになります。

効果的な食べ方

焼いて食べるとせき・頻尿の両方に効果大

気管支炎やせき止めには、焼く、煮る、スープのいずれにしても効果が期待できます。

また、銀なんを煎って皮をむき、ひたひたに入れた水がなくなるまで煮てから蜂蜜をかけて食べても同様の効果が得られます。

頻尿には、焼いた銀なんを毎日5粒ほど食べると徐々に効果があらわれます。

ただし、アルカロイドという成分によって、食べ過ぎると中毒を起こす恐れがありますから、抵抗力の低いお子さんやお年寄りの場合は少なめにしてください。

参考焼き銀なんを家庭でもちっとさせる方法

参考記事⇒秋の味覚~銀なん~ 餅銀なんのうに和え「作り方」

スポンサーリンク