御飯物(ごはんもの)の意味【和食の献立~料理用語、豆知識集】

スポンサーリンク



日本料理の献立、御飯物「ごはんもの」

和食の料理用語集

御飯物「ごはんもの」とは

献立の終盤に出すしめ料理のことで、炊き込みご飯や混ぜご飯、寿司類など、米を使った料理の総称です。

そして、米の他に麦や五穀米などを使うこともあり、めん類などの粉物を出す場合は「ご飯代わり」として献立に書きます。

【関連】

八寸(はっすん)の意味

強肴(しいざかな)の意味

合肴(あいざかな)の意味

追肴(おいざかな)の意味

口取り(くちどり)の意味

進肴(すすめざかな)の意味

預け鉢(あずけばち)の意味

箸洗い(はしあらい)の意味

箸休め(はしやすめ)の意味

口代わり(くちがわり)の意味

会席料理と懐石料理

2つのかいせき料理の相違点とは!

茶懐石料理とは!

茶懐石料理の由来、献立の名称と順番

和食の献立「それぞれの意味と特徴」

献立名の意味一覧⇒【先付け~甘味】

⇒「和食の名称、献立用語集

向付け【刺身の手法】切り方の一覧

煮物の名称、語源、由来、豆知識一覧

焼き物、和食の串打ち手法と意味一覧

蒸し物名称、語源、由来、豆知識一覧

揚げ物用語集、語源、由来、雑学一覧

≫「料理の雑学一覧」へ

【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

和食調理にお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク