料理用語辞典50音順【へし~】調理雑学~語源 由来 豆知識 検索

スポンサーリンク



料理用語辞典【へし~】基本~応用

和食調理で多く使われる料理用語、語源、意味、由来などを50音順にご紹介しております。

また、料理用語に関連した作り方やコツなども掲載しておりますので、必要な調理用語を目次からお選んでお役立てください。

料理用語辞典、語源、由来、調理法、豆知識50音順検索【へし】~

へしこづけ

福井県の郷土料理で、豊漁期の魚の漬け物のことです。

イワシ、サバで作られたものがよく出回っています。

べっこう「鼈甲」

タイマイという海亀の背甲を加工したもので、光沢のある半透明の黄色をしています。

また、このような色に仕上げた料理にもこの名をつけています。

■:鼈甲あめ:鼈甲卵:鼈甲漬けなど

べっそく「別足」

キジなどのモモのことです。

べつだてほう「別立て法」

卵黄と卵白を別々に泡立てて使う、お菓子を作る際によく用いられる手法です。

べったらづけ

東京名物のダイコンのこうじ漬けのことです。

表面にこうじがついて「ベトベト」しているところから、この名がついたといわれています。

べんけいがめ「弁慶瓶」

中台で使う菜箸やしゃくしなどの調理道具を入れておくかめのことです。

ソバ屋さんの隠語のひとつで、弁慶の七つ道具にちなんだシャレ言葉です。

へんとう「扁桃」

アーモンドのことをさしている言葉です。

【次のページ】

料理用語の基礎知識【ほ~】

■⇒料理の雑学一覧

料理用語【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

料理の語源、意味、由来、豆知識 50音

和食調理にお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク