いわしを焼くときに塩味を均等につける方法と簡単割合

スポンサーリンク



「いわしの塩焼き」

今回は、いわしを焼くときに塩味を均等につける方法をご紹介したいと思いますので、焼き物の献立や節分料理などにお役立てください。

焼き物の作り方と割合「焼くときに塩味を均等につける簡単な方法」

今回の方法は、一度に「たくさんの魚」を味つけするときに使えます。

いわしの塩焼きを作る場合

「塩と水の割合」

1000㏄
食塩 15g

この割合で濃度が1.5%になりますので、うろこや汚れを洗い流した「いわし」をつけてください。

「つける時間の目安」

■ いわしが小さい(10㎝前後)のときは約30分間つけてください。

そして、魚が大きくなるにしたがって時間を長くし、20㎝前後の場合は約1時間つけてください。

今回は塩味を均等につける方法をご紹介いたしました。

この方法で、おろした魚をつけたあとに風干しすると「一夜干し」が作れますので参考にされてはいかがでしょうか。

※ 魚が数尾ていどの場合は、振り塩の方が効率よく作業できます。

節分に【いわし】を食べる理由

節分とは!いわしを食べる理由と豆まきのいわれ(由来)
今回は節分に塩いわしを焼いて食べる理由と、ひいらぎの枝に頭を刺して玄関に立てる風習のいわれをご紹介したいと思います。また、節分に豆をまく理由につきましては記事下部に掲載しておりますのでお役立てください。

【割合と配合関連】

煮汁の割合一覧表

焼きだれの割合一覧

合わせ酢の割合一覧

揚げ物用つけ塩一覧

割合と配合集【50音】一覧へ

他の割合につきましては≫「和食を作るときの調味料割合と配合一覧」に掲載しておりますのでお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク