料理用語辞典50音順【きは~】調理雑学~語源 由来 豆知識 検索

スポンサーリンク



料理用語辞典【きは~】基本~応用

和食調理で多く使われる料理用語、語源、意味、由来などを50音順にご紹介しております。

また、料理用語に関連した作り方やコツなども掲載しておりますので、必要な調理用語を目次からお選んでお役立てください。

料理用語辞典、語源、由来、調理法、豆知識50音順検索【きは】~

きはだまぐろ「黄肌鮪」

さば科まぐろ属の海魚で、キワダや単にキハダと呼ぶこともあります。

そして、この名の由来はヒレが黄色みがかっていることからつけられていて、大きいものでは全長が約3mになる場合もあります。

また、黄肌まぐろの旬は夏から秋にかけてで、シビやマシビと呼ぶ地方もあります。

きみず「黄身酢」

卵黄が主体の合わせ酢のことです。

【関連記事】和食【酢の物】

土佐酢 ポン酢 二杯酢 三杯酢の割合一覧

土佐酢とは!

ポン酢 加減酢 二杯酢 三杯酢一覧

きみずし「黄身寿司」

寿司飯の代わりに卵黄を使ったすしのことです。

きみぞうめん「黄身素麺」

そうめんの一種で、卵黄を加えた黄色いそうめんのことです。

きみに「黄身煮」

煮物のひとつで、材料に卵黄をつけて煮たものです。

また、煮上がりが黄色いので黄金煮ともいいます。

【黄身煮関連レシピ】

海老の黄身煮の作り方

【黄身がはがれないように煮るコツ】

【海老料理関連レシピ】

海老の煮物が固くなる大きな原因2つ

解決法!やわらかく煮るためのポイント

海老を八方だしでやわらかく煮る方法

海老の吉野煮の作り方とコツ

八方だしで海老煮る簡単レシピ

「海老の芝煮~作り方とコツ」

きみむし「黄身蒸し」

卵黄を使った蒸し物のことです。

きみやき「黄身焼き」

焼き物のひとつで、材料を素焼き、または塩焼きにして、焼き上がりに調味料などを加えてのばした卵黄を塗って乾かす程度にあぶった料理です。

きもず「肝酢」

アンコウやアワビ、鶏などの肝臓を主体とした合わせ酢のひとつです。

きもすい「肝吸い」

ウナギの肝を椀だねに使った吸い物です。

ウナ重やウナ丼には欠かせない吸い物になっています。

【関連記事】日本料理に役立つ

⇒「うなぎ料理~刺身と椀もの(汁物)

きもやき「肝焼き」

鶏肉、豚肉、牛肉、ウナギなどの肝を焼いたものです。

【次のページ】

料理用語の基礎知識【きや~】

■⇒料理の雑学一覧

料理用語【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

料理の語源、意味、由来、豆知識 50音

和食調理にお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク