きゅうりの飾り切り,手おけ型わさび台を切る詳しい手順とコツ,和食のむきもの

スポンサーリンク



きゅうりのわさび台「刺身の飾り切り」

今回は「刺身の盛りつけに役立つわさび台」から「手おけ」を作る方法と、簡単に細工できる道具をご紹介したいと思いますので、和食調理にお役立てください。

胡瓜の飾り切り~手おけ型わさび台の詳しい切り方とコツ、細工道具

胡瓜、飾り切り、手おけ、わさび台

胡瓜のわさび台「手おけ胡瓜」の切り方

「切り方手順とコツ」

【1】まず、胡瓜を約5㎝に切ってください。

胡瓜、飾り切り、手おけ、わさび台

そして、断面の1/3部分から真下に向かって切り込みを入れてください。

■ このとき、胡瓜の長さに対して約2/3の深さまで切り進んで包丁を止めてください。

胡瓜、飾り切り、手おけ、わさび台

【2】次に、胡瓜を横向きにして【1】で包丁を止めた部分に向け、真横から、さらに切り込みを入れてください。

胡瓜、飾り切り、手おけ、わさび台

そして、先程、切り込んだ部分まで真下に切り進めて、胡瓜の外側を切り離してください。

胡瓜、飾り切り、手おけ、わさび台

【3】反対側も【2】と同様に切り離し、残った種部分を長方形に切り取ると、手おけの原型ができあがります。

胡瓜、飾り切り、手おけ、わさび台

↓↓↓

胡瓜、飾り切り、手おけ、わさび台

細工の道具

このあと、パックコーヒーや野菜ジュースに付いているストローで、手おけの持ち手になる胡瓜を通す穴を開けてください。

胡瓜、飾り切り、手おけ、わさび台

■ 今回使用したストローの直径は4㎜ですので、できるだけ細いもの選んでください。

※ 細さの目安は、給食に出てくる三角形のパック牛乳のストローと、ほぼ同じです。

【4】そして、ストローを持ち手の先にあて、細い部分が折れないよう片方の指で胡瓜を押さえながら、クルクルと回すように切り抜いてください。

■ このとき、持ち手の同じ高さに合わせて、2か所切り抜いてください。

※ 高さがずれると、このあと通す胡瓜が斜めに傾きますので注意してください。

↓↓↓

胡瓜、飾り切り、手おけ、わさび台

【5】そして、【2】で切り離した胡瓜を、ストローで開けた穴よりも、ひと回り小さいサイズのマッチ棒状に切ってください。

胡瓜、飾り切り、手おけ、わさび台

■ この胡瓜とストローを入れ替えると、持ち手部分が出来上がります。

胡瓜、飾り切り、手おけ、わさび台

【6】最後に、わさびを入れる穴を小さいスプーンや、くり抜きと呼ばれる道具で丸型にくり抜くと「手おけ型わさび台」の完成です。

胡瓜、飾り切り、手おけ、わさび台

今回、ご紹介いたしました「わさび台」は見た目にも大変喜ばれる飾り切りです。

そして、胡瓜の側面を切り落として穴を開けると、ほぼ完成しますので刺身の大皿盛り、船盛り、そして夏の涼しげな演出などにお役立てください。

【胡瓜のわさび台~関連記事】

胡瓜で舟型のわさび台を作る詳しい手順

帆かけ船、胡瓜、飾り切り、わさび台

夏場に役立つ涼しげな「胡瓜のわさび台」

やり直し,胡瓜,きゅうり,飾り切り

【同じストローを使った人参の飾り切り】

おせち料理や雑煮椀に役立つ絵馬人参

絵馬人参,にんじん,飾り切り,完成

注:包丁には十分注意して手をけがしないように仕上げてください。

⇒「刺身の飾り切りわさび台一覧へ」

⇒「胡瓜の飾り切り手順とコツ一覧

◎【次の切り方を見る⇒手順とコツ一覧

料理の盛りつけ飾りにお役立てください。

次回は違う飾り切りでお目にかかりたいと思います。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク