嘗め味噌とは(なめみそ)の意味【和食の雑学,料理用語集】

スポンサーリンク



嘗め味噌「なめみそ」の意味

和食の料理用語集

嘗め味噌「なめみそ」

そのまま副食として用いられるみその総称です。

醸造の段階で味が調整される「醸造なめみそ(金山寺みそ、ひしおみそなど)」と、一般のみそに調味料、そぼろ、香辛料などを加えて作る「加工みそ(鯛みそ、鶏みそ、柚子みそなど)」があります。

⇒「和食の名称、献立用語集

向付け【刺身の手法】切り方の一覧

煮物の名称、語源、由来、豆知識一覧

焼き物、和食の串打ち手法と意味一覧

揚げ物名称、語源、由来、豆知識一覧

≫「料理の雑学一覧」へ

【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

和食調理にお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク