スダチ釜の作り方手順~果物の飾り切り (小鉢、ちょこ)

スポンサーリンク



果物の飾り切り方法~スダチで器を作る手順

今回の果物飾り切り方法はスダチを使ったスダチ釜(小鉢、ちょこ)をご紹介したいと思いますので参考にしてください。

このスダチ釜は会席料理の八寸で和え物を入れたり、焼き物のあしらいを入れるなどに使えます。

そして、刺身では細造りを入れたり、わさび台や大皿盛りなどに使えて見栄えが良くなりますので、盛りつけの際にお役立ていただければ幸いです。

スダチで器を作る手順~果物の飾り切り方法

スダチ釜の作り方手順

【1】

まず、包丁をスダチの中心線よりも少し上に差し込んで斜め方向の切り込みを入れてください。

すだち,釜,飾り切り

↓↓↓

すだち,釜,飾り切り

↓↓↓

すだち,釜,飾り切り

↓↓↓

すだち,釜,飾り切り

【2】

このあと、スダチを反対方向に持ち替え、左右からV字の切り込みを入れて上部を切り離してください。

■ この切り込みを入れる場合、球形をしたスダチの中心に向けて刃先を差し込み、切り込んだ下のラインを【1】の写真で表した金串の線に揃えると、バランスが良くなります。

そして、【2】の切り込みは刃先を中心線(金串の線)に合わせて、刃をガクの方(手前側)に向けて刺し込むと、切り込みが揃えやすいです。

この切り離した部分が盛りつけたときにスダチ釜の蓋になり、果汁をしぼって使えます。

すだち,釜,飾り切り

↓↓↓

すだち,釜,飾り切り

↓↓↓

すだち,釜,飾り切り

【3】

そして、スプーンやくり抜きなどで中の果肉をはがすように取り出すと「スダチ釜」の完成です。

■ このときに力を入れ過ぎてしまうと、外側の皮に傷がついて裂けたり、ちぎれたりすることがありますので、果肉をスダチの中心に集めるようにして丁寧に取り出してください。

すだち,釜,飾り切り

↓↓↓

すだち,釜,飾り切り

↓↓↓

やり直し,スダチ,すだち釜,飾り切り

果肉を取り出す際の注意点

果肉を取り出す場合、最後にはがす部分が写真の箸先部になります。

そして、この部分をはがすときに力を入れると底に穴が開くことが多く、最後で失敗してしまいますので注意してください。

すだち,釜,飾り切り

↓↓↓

スダチ,すだち釜,やり直し,飾り切り

注:包丁には十分注意して手をけがしないように仕上げてください。

今回はスダチ釜の作り方をご紹介いたしましたが、もう少し大きい器を作りたい場合はレモンでも作れますので参考にしてください。

【柑橘類の飾り切り関連】

○「レモン釜①」  ○「レモン釜②

○「果物の飾り切り~切り方とコツ一覧

レモンの切り方~飾り切り手順とコツ一覧

野菜の飾り切り手順一覧

和食の飾り切り~むきもの道具の名称一覧

次の切り方を見る⇒手順とコツ一覧へ】

次回は違う飾り切りでお目にかかりたいと思います。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク