進肴(すすめざかな)の意味,和食の料理用語,雑学集

スポンサーリンク



進肴「すすめざかな」

和食の献立、料理用語集

進肴「すすめざかな」とは

懐石料理の献立のひとつで、一汁三菜、箸洗い、八寸以外に亭主が心入れですすめる炊き合わせ、和え物、揚げ物、珍味などをいい、本来は初釜などの目出たい茶事に出されていましたが、現在では常に使われることが多くなっています。

そして、強肴(しいざかな)追肴(おいざかな)預け鉢(あずけばち)も同じ意味で使われる献立名で、預け鉢は人数分をひとつの鉢に盛りつけて取り箸を添え、客に預けて取り回すということから、この名がついています。

【関連記事】

「会席料理と懐石料理」

2つのかいせき料理の相違点とは!

「茶懐石料理とは!」

茶懐石料理の由来、献立の名称と順番

和食の献立「それぞれの意味と特徴」

献立名の意味一覧⇒【先付け~甘味】

⇒「和食の名称、献立用語集

向付け【刺身の手法】切り方の一覧

煮物の名称、語源、由来、豆知識一覧

焼き物、和食の串打ち手法と意味一覧

揚げ物名称、語源、由来、豆知識一覧

≫「料理の雑学一覧」へ

【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

和食調理にお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク