鯛蕪(たいかぶら)の意味,和食の雑学【料理用語集】

スポンサーリンク



鯛蕪「たいかぶら」の意味

和食の料理用語集

鯛蕪「たいかぶら」

京都の郷土料理のひとつで、鯛の身やあらとカブを煮込んだ料理です。

京都ではカブを「カブラ」と呼ぶことから、この名があります。

【鯛料理関連】

⇒「鯛のあら煮の作り方と割合

⇒「鯛のあっさり煮の作り方と割合

⇒「春の献立集、鯛会席料理 15品

⇒「春の和食に役立つ鯛の和え物献立集

⇒「和食の名称、献立用語集

向付け【刺身の手法】切り方の一覧

煮物の名称、語源、由来、豆知識一覧

焼き物、和食の串打ち手法と意味一覧

揚げ物名称、語源、由来、豆知識一覧

≫「料理の雑学一覧」へ

【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

和食調理にお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク