竹きゅうりの切り方とコツ,簡単で見栄えする夏の飾り切り方法

スポンサーリンク



家庭で作れる竹きゅうりの飾り切りとコツ

今回は、夏向きの涼しげで簡単な飾り切り「竹きゅうり」の切り方と、細工のコツを画像と一緒にご紹介したいと思いますので、刺身の盛りつけなどにお役立てください。

胡瓜で竹を切る方法とコツ

竹胡瓜の切り方手順

【1】まず、胡瓜を10㎝の長さに切ってください。

竹,胡瓜,飾り切り,たけきゅうり

■ そして、3枚の薄い輪切りを胡瓜の細い方から切り落としてください。

竹,胡瓜,飾り切り,たけきゅうり

↓↓↓

竹,胡瓜,飾り切り,たけきゅうり

■ このあと、輪切りにした胡瓜を3枚とも半分に切ってください。

竹,胡瓜,飾り切り,たけきゅうり

【2】次に、胡瓜を縦1/4に切り分けて、種を三角形に切り落としてください。

種を切り落とすときのポイント

■ 胡瓜の皮目が上に向くよう種を切り落とすときは、転げない程度に切り落としてください。

※ 種を切り落とし過ぎると、胡瓜の幅が狭くなり、このあと包丁で切り込む細工がやりづらくなります。

竹,胡瓜,飾り切り,たけきゅうり

■そして、長さを三等分したところに浅い切り込みを入れ、竹の節になる部分を表してください。

竹,胡瓜,飾り切り,たけきゅうり

【3】このあと、節になる部分の真横から長さ3㎝、深さ半分までの切り込みを入れてください。

竹,胡瓜,飾り切り,たけきゅうり

■ この切り込みを上下が互い違いになるよう入れてください。

竹,胡瓜,飾り切り,たけきゅうり

【4】そして、切り込みを入れた部分に【1】で半月に切った胡瓜を2枚、もしくは3枚重ねて差し込んでください。

半月の胡瓜を差し込むときのコツ

薄切りにした胡瓜を入れ込む場合、本体に切り込んだ部分が開きづらくて差し込みにくいと思います。

そのような場合は、爪ようじの先を切り込みと平行にあて、少し斜めにして左右にクルクルと回しながら中に押し込むと、簡単に切り口が開きます。

そして、幅が狭いときは、反対側にも爪ようじを差し込んで広げていただくと、半月に切った胡瓜が簡単に差し込めます。

竹,胡瓜,飾り切り,たけきゅうり

↓↓↓

竹,胡瓜,飾り切り,たけきゅうり

【5】最後に、もう片方の切り込みに半月胡瓜を重ねて差し込むと「竹胡瓜」の完成です。

竹,胡瓜,飾り切り,たけきゅうり

竹胡瓜をきれいに見せるコツ

笹の数を上下とも3枚にせず、どちらか片方を2枚にしてバランスを崩した方が、自然な感じが出てきれいに見えます。

注:包丁には十分注意して手をけがしないように仕上げてください。

今回は竹胡瓜をご紹介いたしましたが、残りの胡瓜1/2で「」や「カエル」が切れますので、よろしければそちらも参考にしてください。

⇒「松胡瓜の切り方~松に見せるコツ」へ

松胡瓜

⇒「胡瓜の飾り切り~カエルの切り方」へ

かえる胡瓜

胡瓜の飾り切り手順とコツ一覧

刺身の盛りつけに役立つわさび台一覧

他の切り方を見る ⇒飾り切り一覧】へ

【参考】≫「酢の物の合わせ酢、割合一覧

次回は違う飾り切りでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク