料理用語辞典50音順【わ~】調理雑学、語源 由来 豆知識 検索

スポンサーリンク



料理用語辞典【わ~】基本~応用

和食調理で多く使われる料理用語、語源、意味、由来などを50音順にご紹介しております。

また、料理用語に関連した作り方やコツなども掲載しておりますので、必要な調理用語を目次からお選んでお役立てください。

料理用語辞典、語源、由来、調理法、豆知識50音順検索【わ】~

ワイン

ブドウ果汁を発酵させて造る醸造酒のことで、この「ワイン」という言葉はラテン語のブドウ酒、ビヌム(vinum)からきたとされます。

そして、フランス語では「バン」といいます。

わかさ

わかさとは出世魚で有名なブリの幼魚名です。

関西地方では主に、ツバス⇒ワカサ⇒ハマチ⇒メジロ⇒ブリといいます。

また、関東と関西では呼び名が少し変わり、関東地方では20㎝前後をワカシやワカナゴ、40㎝くらいまでをイナダ、60㎝くらいをワラサ、90㎝以上をブリと呼んでいます。

わかさやき「若狭焼き」

酒焼きの一種で、塩をあてた魚や魚の干し物に用いる焼き方です。

そして、この焼き方は「うろこ」をつけたまま焼きます。

焼き上がりの皮目に酒、または酒と少量の醤油を混ぜた「若狭地」を2~3回かけてこんがりと焼き上げます。

■ 若狭のグジ(甘鯛)を酒焼きしたことからこの名が使われています。

わかし「若鰤」

ブリの幼魚名で、ワカナゴ「若魚子」ともいいます。

わかたけ「若竹」

ワカメとタケノコを合わせた料理につけられる名称で、若竹椀、若竹煮などがあります。

【関連】≫わかたけ煮とは

和食「春の筍会席料理、献立集」

筍の下ごしらえ「アク抜き方法」

筍の煮物を割合で簡単に煮る方法

わかなご「若魚子」

ブリの幼魚名でワカシ「若鰤」ともいいます。

わぎり「輪切り」

根菜類に多く用いられる切り方で、大根やレモンなどの丸い食材をそのまま切ることをいいます。

そして、この名の由来は「車輪」のようになっているところからきています。

【関連記事】

和食の基本【30種】

野菜の切り方25種+基本のむき方5種

【次のページ】

料理用語の基礎知識【わさ~】

■⇒料理の雑学一覧

料理用語【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

料理の語源、意味、由来、豆知識 50音

和食調理にお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク