料理用語辞典50音順【わら~】調理雑学~語源 由来 豆知識 検索

スポンサーリンク



料理用語辞典【わら~】基本~応用

和食調理で多く使われる料理用語、語源、意味、由来などを50音順にご紹介しております。

また、料理用語に関連した作り方やコツなども掲載しておりますので、必要な調理用語を目次からお選んでお役立てください。

料理用語辞典~語源、由来、調理法、豆知識50音順検索【わら】~

わらさ「稚鰤」

関東地方で体長60cmほどのブリの若魚をさす呼び名で、養殖ものを「ハマチ」天然ものを「ワラサ」と区別することもあります。

■ 出世魚で有名なブリの呼び名

主に、関西地方ではツバス⇒ワカサ⇒ハマチ⇒メジロ⇒ブリといいます。

また、関東と関西で呼び名が少し変わり、関東地方では20㎝前後をワカシやワカナゴ、40㎝くらいまでをイナダ、60㎝くらいをワラサ、90㎝以上をブリと呼んでいます。

わらび「蕨」

わらびはウラボシ科の多年草でシダ植物の仲間です。

古くから食用として用いられている山菜で、山地の日当たりのよい草原に自生して繁殖力が非常に強いです。

そして、春に若葉が巻いているものを茎ごと食用とし、この若葉のことを「早蕨」とも呼んでいて、葉が伸びきったものは茎がかたくなってしまい食用には適しません。

また、わらびは非常にアクが強いため、調理の際は「アク抜き」といわれる加熱処理をする必要があり、この「アク抜き」には木灰、あるいは重曹(炭酸水素ナトリウム)を用いて下処理(下ゆで)してから煮物、和え物、汁の実、お浸し、漬け物などにしてください。

【関連】

■ わらびの色出しは難しいと思われがちですが、意外と簡単にできますので参考にしてください。

わらびを色よくゆでる方法

山菜のあく抜き法⇒春食材の下ごしらえ

わり「割り」

だしや調味料の配合割合を容量比で表したものをいいます。

【関連】

◆「料理の味つけ、調味料の割合一覧

⇒「煮物の味つけ、調味料の割合一覧

⇒「料理の用途別、調味料割合一覧表

⇒「酢の物用、あわせ酢の調味料割合

わんだね「椀種」

汁物に入れる具の中で、主になる材料や調理したものをいいます。

【関連】味つけの塩分濃度

吸い物が美味しいと感じる理由とは!

わんづま「椀妻」

汁物に入れる具の中で、主になる材料や料理に添える野菜や海藻などをいいます。

【関連記事】

⇒「簡単に作れる吸い物の割合レシピ

【最初に戻る】⇒料理用語【あ】

■⇒料理の雑学一覧

料理用語【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

料理の語源、意味、由来、豆知識 50音

和食調理にお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク