焼き魚 温め直しのコツ!3つの方法と香ばしくするポイント

スポンサーリンク



焼き魚の温め直し

今回は焼き魚を温め直す場合の3つの方法と、香ばしく仕上げるポイントをご紹介したいと思います。

和食の献立でも焼き物は重要な料理のひとつで、茶懐石料理の一汁三菜にも組み込まれていますので、おいしい焼き魚を作る参考にしてください。

【茶懐石料理関連】

⇒「茶懐石料理の献立~順序と名称

焼き魚を温め直す方法3つとポイント

電子レンジで温め直すときのコツ

「ラップをして温め直さない」

焼き魚を電子レンジで温め直すときにラップフィルムをかぶせると、魚が持っている脂や水分が中にこもって仕上がりがべたついた感じになりますので、レンジで加熱する場合はラップ無しで水分を飛ばしながら温めるようにしてください。

魚焼きグリルで温め直すコツ

「一度蒸すか、短時間の電子レンジ加熱で」

焼き魚をグリルで焼いて温め直す場合のポイントは火加減です。

このグリルで温め直す方法は、魚の水分が適度に飛んで香ばしくなりますので良い調理法ではあるのですが、一度食材に火が通っていますから火加減がむずかしく、強火で焼くとすぐに焦げてにがくなってしまいます。

しかし、焦げてしまうからといって弱い火で焼くと、今度は魚がパサパサした状態になって口当たりや舌ざわりが悪くなります。

ですから、このような場合は魚を一度蒸し器に入れる、あるいは電子レンジの短時間加熱で少し温めてから、仕上げに表面をグリルで焼くようにすると、ある程度強い火で焼いても短い時間で温め直しができて、口当たりや風味を良くすることが簡単にできます。

9a0392774bebc9c9061a2986a8fc4bbb_s

コンベクションで温め直す場合

飲食店でコンベクションスチーマーがある場合は、リターンモードや蒸し焼き加熱で温め直すと、庫内のファンの風が魚にあたり、水分がほどよく飛んで口当たり良く仕上がります。

今回は焼き魚の温め直しをご紹介いたしましたが、魚以外の焼き物でも応用がききます。

そして、温めた干物や味そ漬けなどの身で、酢の物が簡単につくれますので参考にしていただければ幸いです。

⇒「あじの干物で簡単に酢の物を作る方法

■他の焼き物調理につきましては⇒「焼き物レシピ、作り方関連一覧」に掲載しております。

【和食の献立関連】

焼き物の献立集、料理一覧

【串の打ち方と名称】

和食の焼き物手法、串の打ち方一覧

【焼き物のたれ】

お玉1本で簡単に作れる焼きだれレシピ

【茶懐石料理の関連】

茶懐石料理の献立集

懐石と会席2つの「かいせき」の違い

懐石(かいせき)料理とは

会席と懐石料理の相違点とは

【参考】

揚げ物の温め直しコツ3つとポイント

和食調理にお役立てください。最後まで閲覧していいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク