すだちを手かご型に切る果物釜の作り方手順【飾り切り】

「果物の切り方手順とコツ」

今回は手かご型に飾り切りした「すだち釜」をご紹介したいと思いますので、前菜の盛りつけや和食調理にお役立てください。

スポンサーリンク

果物の切り方、飾り包丁

すだちを手かご型に切る方法

「飾り切り手順」

【1】最初に、手かごの持ち手になる切り込みを、すだちの上部から1/3の深さまで2か所入れてください。

すだち釜,飾り切り1

↓↓↓

すだち釜,飾り切り2img_5165

【2】次に、真横から【1】の切り込みにむけて包丁を入れてください。

すだち釜,飾り切り3img_5166

そして、左右の実を切りはなしてください。

すだち釜,飾り切り4img_5168

【3】このあと、串や爪ようじを突き刺し、皮と果実の間にそわせながら、すき間を作って実を取り出しやすくしてください。

すだち釜,飾り切り5img_5170

■ へたの下部は、かたくて実が取り出しにくいですから、串を向こう側まで通してください。

すだち釜,飾り切り6img_5171

【4】そして、ティースプーンやピンセットで実を取り出すと「すだち釜」の完成です。

すだち釜,飾り切り,完成img_5175

今回の手かご釜は柚子やオレンジ、レモンなどでも作れますので参考にしてください。

注:包丁には十分注意して手をけがしないように仕上げてください。

⇒「すだちの切り方、飾り切り一覧」へ

野菜の飾り切りとコツ一覧

【関連】

⇒「果物の飾り切り手順一覧

⇒「簡単な飾り切り手順一覧

⇒「レモンの飾り切り手順一覧

⇒「刺身の盛りつけに役立つわさび台

次の切り方を見る⇒飾り切りのコツ一覧

次回は違う飾り切りでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報