吸い物、汁物の関連一覧

わらびの簡単なアク抜き方法と灰汁(あく)の取り方手順

わらびのアク抜き方法■山菜・わらびを色よくゆでるアク抜きと下ごしらえ【灰汁(あく)・灰あく汁の作り方】灰汁(あく)とは ① わら灰や木灰など植物の灰を水に浸して得られる上澄み液のこと。(上澄み液の灰汁は、灰あく、または灰あく汁と呼ばれることもあります)② 食品に含まれる不要な味や好ましくない成分の総称として使う言葉で、材料自体がもつ強いクセのある味を処理したことから、不快に感じる味やクセそのものも「あく」と呼ぶようになりました。

焼き鯛の旨味を加えた【簡単にゅう麺だしの作り方と割合】

焼き鯛【にゅう麺だし】今回は鯛と素麺を使った温かい麺料理をご紹介したいと思いますので、春の献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。鯛の下焼きと麺だしを作る工程【1】最初に、骨を取りのぞいた鯛の身を25~30gに切り分けて下焼きしてください。【2】次に、だしと調味料を合わせて、麺だしを作ってください。

鰤(ぶり)だしの取り方手順【魚のあらを無駄なく使う方法】

【鰤出汁(ぶりだし)の作り方】今回は、ぶりの骨を使って「だし」を取る方法をご紹介したいと思いますので、冬の煮物や献立の参考にされてはいかがでしょうか。ぶりだしの取り方手順①最初に、ぶりの骨がついている身や皮の部分を適当な大きさに切り分けてください。

たけのこの柔らかい穂先の姫皮、絹皮を無駄なく利用する方法と調理例

筍(たけのこ)料理の調理例【今回は、ゆでた筍の形をととのえるときに切り落とす穂先の柔らかい皮(姫皮、または絹皮と呼ばれる部分)を無駄なく利用する方法をご紹介したいと思いますので、春の献立やまかない料理の参考にされてはいかがでしょうか。たけのこ料理の基本手順■旨味を加えて煮る下味のつけ方