吸い物、汁物の関連一覧

スポンサーリンク

筍の下処理で切り落とす柔らかい穂先の姫皮を無駄なく利用する調理例

筍(たけのこ)料理の調理例【今回は、ゆでた筍の形をととのえるときに切り落とす穂先の柔らかい皮(姫皮、または絹皮と呼ばれる部分)を無駄なく利用する方法をご紹介したいと思いますので、春の献立やまかない料理の参考にされてはいかがでしょうか。たけのこ料理の基本手順■旨味を加えて煮る下味のつけ方

焼き鯛の旨味を加えた【簡単にゅう麺だしの作り方と割合】

焼き鯛【にゅう麺だし】今回は鯛と素麺を使った温かい麺料理をご紹介したいと思いますので、春の献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。鯛の下焼きと麺だしを作る工程【1】最初に、骨を取りのぞいた鯛の身を25~30gに切り分けて下焼きしてください。【2】次に、だしと調味料を合わせて、麺だしを作ってください。

白きくらげの下処理方法と使い方【椀物、和え物、酢の物、あしらい編】

今回は白木耳(しろきくらげ)の使い方をご紹介したいと思いますので、椀物、酢の物、和え物や料理のあしらいの参考にされてはいかがでしょうか。下処理の工程【1】最初に白きくらげを水に浸して、柔らかくなるまでもどしてください。そして、かたい部分が必要ない場合は切り落としてください。

鰤(ぶり)だしの取り方手順【魚のあらを無駄なく使う方法】

【鰤出汁(ぶりだし)の作り方】今回は、ぶりの骨を使って「だし」を取る方法をご紹介したいと思いますので、冬の煮物や献立の参考にされてはいかがでしょうか。ぶりだしの取り方手順①最初に、ぶりの骨がついている身や皮の部分を適当な大きさに切り分けてください。

吸い物を作るときの簡単な調味料割合【和食の配合手帳】

吸い物の割合例、今回は吸い物だし(吸い地)の割合をご紹介したいと思いますので、椀物の献立や下味用の煮汁の参考にされてはいかがでしょうか。【関連】吸い物のコツにつきましては【関連】吸い物が美味しいと感じる塩分濃度の理由」に掲載しておりますのでお役立てください。

スポンサーリンク