鰤(ぶり)だしの取り方手順【魚のあらを無駄なく使う方法】

【鰤出汁(ぶりだし)の作り方】

今回は、ぶりの骨を使って「だし」を取る方法をご紹介したいと思いますので、冬の煮物や献立の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

魚のあらの使い方

ぶりだしの取り方手順

【1】最初に、ぶりの骨がついている身や皮の部分を適当な大きさに切り分けてください。

そして、付着しているうろこや血合いを洗い流してから、表面を焼いてください。

■ ぶりのあらを焼く工程で取れるだしの色が変化しますので、濃くする場合は焼き目をしっかりとつけ、うすいだしは色をつけないように焼いてください。

【2】次に、焼いた骨とだし昆布を鍋に入れてください。

■ だし昆布の目安量は、水1000㏄に対して8㎝角が1枚です。

【例】ぶりの骨1尾分

(使用している鍋の直径は24㎝です)

ぶりのあらのだしの取り方

このあと、水と酒を鍋にそそぎ入れて、強火にかけてください。

【水、酒、昆布の割合】

1000㏄
 50㏄
だし昆布 8㎝角1枚

【3】そして、だしが沸騰する直前で火を弱めて、アクをすくい取ってください。

ぶりのあらからだしを取る方法

このあと、ぶりが少し動く程度の火加減(約90℃)に調節して、15分ていど旨味を煮出してください。

【4】最後に、ネル生地、またはキッチンペーパーで「だし」をこすと完成です。

ぶりのあらから取っただし,鰤出汁

■ ぶりは焼いていますので出るアクは少なく、沸騰させないように加熱すると澄んだだしが取れます。

今回は旨味を出したかつお節や合わせ調味料をこすときに、キッチンペーパーが汁の重みではがれないようにする方法と【ヤケド】を防いで安全に調理作業を行う手順をご紹介したいと思いますので、料理作りの参考にされてはいかがでしょうか。

【関連】

鱧出汁(はもだし)の作り方手順【今回は鱧の骨と粗(あら)から旨味を煮出す手順をご紹介したいと思いますので、夏の献立や椀物、煮物などの参考にされてはいかがでしょうか】

煮干しだしの作り方と割合

【昆布の旨味を加えて取る方法】

鶏がらスープの作り方3つ

【和食の基本】だし取り手順

【参考】

冬の魚料理の作り方一覧

冬の野菜料理の作り方一覧

和食の調味料割合と配合一覧

今回は、ぶりのあらでだしを取る手順をご紹介いたしました。

他のレシピにつきましては≫「ぶりに関連した料理内容一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク