さしみの手法関連一覧

スポンサーリンク

しょうゆの味を入れ過ぎない【まぐろのづけの作り方と割合】

今回は、まぐろのづけに醤油の味が入り過ぎないように作る方法をご紹介したいと思いますので、刺身がわりや和え物の参考にされてはいかがでしょうか。まぐろの下処理工程【1】最初に、さく取りしたまぐろを湯に通して「霜降り」してください。つけだれを合わせる工程【2】調味料の割合

笹の葉の細工切り【手順がわかると簡単に切れる!寿司や刺身に役立つ飾り切り】

笹の葉の詳しい飾り切り方法とコツ【基本の切り方手順】今回は笹の葉を使った基本的な飾り切りをご紹介したいと思います。この笹細工は寿司の盛りつけや刺身飾り、会席料理のかいしきなどによく使う切り方ですので参考にされてはいかがでしょうか。

かきの身を貝殻から取り出す基本手順【冬食材の下処理方法】

今回は、牡蠣(かき)の身を貝殻から取り出す方法をご紹介したいと思いますので、冬の献立作成や料理作りの参考にされてはいかがでしょうか。【かきの貝殻を外す方法】かきの貝柱は、写真右上の串先付近に位置していますので、この部分に貝割りやバターナイフ等を刺し込んでください。そして、そのまま丸みのあるほうにむけて動かしてください。

刺身のつま【妻と褄の違い】つまの一種の剣(けん)とは

刺身の【つま】で使われる2つの字(妻と褄)が持つそれぞれの意味と細切りの添え野菜【剣(けん)】の詳しい内容をご紹介したいと思います。繊維を切った剣を横剣といって刺身に敷くことから敷きづまといい、繊維にそった場合は縦剣と呼び、こちらは立てて使うことから立てづまといいます。

スポンサーリンク