よりうどの作り方【刺身や和え物に使える野菜の飾り切り】

縒り独活(よりうど)の作り方

今回は春に多く出回る食材の独活(うど)を使った「料理飾り」をご紹介したいと思いますので、和え物のあしらいや刺身飾りの参考にされてはいかがでしょうか。

料理のあしらいとは ≫
スポンサーリンク

刺身や和え物に使える春野菜の飾り切り、よりうどの作り方

うどを「桂むき」する工程

【1】最初に、うどの筋が残らないように「桂むき」をしながら、厚めに皮をむいてください。

よりうどの切り方手順,皮をむく工程,刺身や酢の物の飾り切り

うどの皮で作れる「きゃら煮」の手順

■ 桂むきの詳しい内容につきましては≫「大根けんの切り方と桂むき上達のコツ5つ」に掲載しております。

【2】次に、約1㎜の厚さで桂むきを続けてください。

よりうどの切り方手順,桂むきの工程,刺身や酢の物の飾り切り

切り分ける工程

【3】むいたうどの内側を下にして「まな板」に広げ、斜めに細長く切ってください。

■ 金串をのせているところが、包丁で切る位置になります。

よりうどの切り方手順,刺身や酢の物の飾り切り

また、平行ではなく、幅の広さをかえて「うど」に変化をつけるときは、包丁を交互にずらしてください。

よりうどの作り方手順,刺身や酢の物の飾り切り

【4】このあと、切り分けた「うど」を水の中にさっと通してください。

※ うどが折れる場合は、水につけずに作業を進めてください。

箸に巻き付ける工程

【5】細く切った「うど」のバネのような形状を利用して、箸に巻き付けながら形を作ってください。

よりうどの作り方,刺身や酢の物の飾り切り

そして、うどを箸から抜いて反転させ、同じ要りょうでもう一度形をととのえると完成です。

■ この作業が糸を縒る(よる)動作に類似していることから「よりうど」の名があります。

【盛りつけ例】

【重要】包丁には十分注意して、ケガをしないように仕上げてください。

■ 最後に、よりうどを作るときのコツを3つご紹介いたしますので参考にされてはいかがでしょうか。

【ポイントと注意点3つ

1、皮の筋を完全にむき取る。

2、厚さを均等にしてむく。

3、水の中に長時間つけた状態にしない。

※ うどを水につけたまま長時間おくと、色が抜けたようにすき通ってしまいます。

【関連】

菖蒲独活(しょうぶうど)の作り方

今回は本サイトの飾り切り方法から【しょうぶうど】をご紹介したいと思いますので5月の献立や刺身、酢の物、椀物など、あしらいの参考にされてはいかがでしょうか。5月の献立、皐月の飾り切り【しょうぶうどの切り方手順とコツ】①

野菜の飾り切り手順とコツ一覧

野菜の詳しい飾り切り方法一覧【277+30種】今回は和食でよく使う野菜の切り方や簡単な細工切り、飾り切りのコツをまとめましたので煮物、揚げ物、刺身の姿造りなど、盛りつけ飾りや季節演出の参考にされてはいかがでしょうか。

刺身に使える飾り切り一覧を見る

今回は、よりうどの作り方をご紹介いたしました。

他のレシピにつきましては≫「本サイトの料理内容一覧」に掲載しておりますのでお役立ていただければ幸いです。

次回は違う飾り切りでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク