前菜、八寸物の関連一覧

スポンサーリンク

八寸(はっすん)の意味とは【和食の料理用語、豆知識集】

【八寸】はっすんとは、8寸(約24㎝)四方の杉で作った低いふちのある盆のことをいい、この盆に盛りつけた料理も八寸と呼んでいます。茶懐石料理では一汁三菜から預け鉢や強肴(しいざかな)などの献立が続きます。そして、料理がひと段落したあとに亭主が酒の肴(さかな)として出す動物性と植物性の2~3品を八寸と呼んでおり、人数分を盛り込んで取り箸を添えた「取り回し」の形で出されます。

春の和え物お献立【湯葉と一寸豆の東寺和えの作り方】

春の献立【和え物レシピ】今回は湯葉と春食材の一寸豆を使った「東寺和え」をご紹介したいと思いますので、和え物の献立作成や小鉢料理の参考にされてはいかがでしょうか。一寸豆の東寺和えの作り方 ①一寸豆の下処理工程 ②湯葉の和え衣を作る工程【関連】東寺和えの語源とは ≫

和食の飾り細工【作り方手順とコツ一覧】

和食の飾り細工【料理の作り方一覧】今回は、和食で使う飾り細工や料理飾りをまとめましたので、前菜、八寸の献立、または「あしらい」など、四季の盛りつけや季節演出の参考にされてはいかがでしょうか。■各切り方や項目に移動いたします。

もずくの酢の物を作るときの合わせ酢割合【和食の調味料割合集】

【作り方】鍋に調味料を入れてひと煮立ちさせ、追いがつおをしてネル生地やキッチンペーパーで静かにこしてください。■昆布を入れることもあり、砂糖少量は味の角を取るために加えております。酸味が弱いときは、だしの量を減らすと調節しやすく、土佐酢としても使えます。≫土佐酢とは■もずく酢の他の割合を見る

スポンサーリンク