焼き青とうを、こがさないように作る簡単なコツと方法

 


【焼き青とう】

今回は青とうを焼くときに、こがさないように作る簡単なコツをご紹介したいと思いますので、小鉢料理やあしらいなどにお役立てください。

料理作りと和食のコツ

青とうをこがさないように焼く方法

【1】最初に、青とうのかたい部分を取りのぞいて、金串を2本打ってください。

油塗り「ここがポイントです」

【2】次に、青とうの表面に油をまんべんなく塗ってください。

■ この油を塗らないと、焼けるというよりも表面が燃えている状態になり、火が通るころには「丸こげ」で苦味が出ます。

しかし、油を塗ることで表面を保護しながら全体が熱せられるため、揚げているような効果があり、早く火が通ります。

ですから、青とうを焼くさいは油塗りをしてから熱を加えてください。

※「焼きなす」の場合は皮をむく必要があるため、表面を黒くこがして、焼いたあとにむきやすくしています。

青とうを焼く工程

【3】油を塗ったあとは直火にかけて火を通してください。

【4】そして、両面を約10秒間ずつ交互に焼くと、歯ざわりを残した状態で色よく仕上がります。

【関連】

焼きびたしを作るときの煮汁につきましては≫「青とうの焼きびたし、合わせ調味料の割合比率」に掲載しておりますので参考にしてください。

今回は焼き青とうの方法とコツをご紹介いたしました。

他の割合につきましては≫「和食の調味料割合と配合一覧」に掲載しておりますのでお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。