桂むき上達のコツ5つ【大根けんのポイント】簡単練習方法+たて横の盛りつけ例

スポンサーリンク


桂むきを成功させる詳しい方法とコツ

今回は大根けんのむき方と上達のポイント、そして大根と包丁を使わずにできる練習方法をご紹介したいと思いますので、和食調理や飾り切りの参考にされてはいかがでしょうか。

大根けんのむき方、桂むきを成功させるためのコツ5つ

  1. 上下を平行に切る
  2. 上下を同じ太さにむく
  3. 芯を丸くむく
  4. 刃を中心にあてて切り進む
  5. 刃を滑らすように切り進む

大根けんの皮をむく工程

最初に、大根をむきやすい長さに切って、皮を薄刃包丁で筋が残らないようにむいてください。

コツ①上下を平行に切る

大根はむく前に上下を平行に切ってください。

この段階で上下を切りそろえないと、目で確認しながらむいている大根がゆがんで見え、むき上がりがまっすぐになりませんので気をつけてください。

IMG_2817

コツ②上下を同じ太さにむく

■ 始めにむく皮は上下が同じ太さになるようにしてください。

■ この段階でどちらか一方が細いと最後までむきにくくなります。

包丁の持ち手側に力が加わりますので、手前が細くなる場合が多いです。

「細い部分をむくときのポイント」

大根を2節に切った場合、葉のついている方は太さがほぼそろっていますが、根に近い部分は先が細くなっているため、上下の皮を分けてむいてください。

そうすると、無駄が少なくなり、1節の大根からより多くの大根けんが作れます。

コツ③芯を丸くむく

桂むきをするときは皮をむいたあとの大根を丸くととのえないと、均等な厚さでむきづらくなり、芯が「だ円形」になりますので気をつけてください。

IMG_2820

大根けんをむく工程

コツ④刃を中心にあてて切り進む

桂むきは、むく野菜の中心線に包丁の刃があたるようにしてください。

IMG_2823

↓↓↓

IMG_2825

■ 桂むきは材料の「太い方」を手前にするのが基本になり、かたさが異なる場合は「かたい方」を手前にするとむきやすいです。

※ 胡瓜の色が濃い皮をむく場合や細い部分だけをV字形(斜め)にむくときは、包丁で切り取る方を手前にしてください。

コツ⑤刃を滑らすように切り進む

上部の厚みを目で確認しながら、包丁が浮かないよう大根を持っている方の親指で刃の上をおさえてください。

そして、刃を大根にピタッとあてて、表面を滑らすように切り進んでください。

このとき、刃の上をおさえると包丁が飛び出るのを防ぎますので、途中で切れることが少なくなります。

また、大根から刃が出てこないですから、手を切ることもなくなります。

■ 下部の厚みは包丁を持っている方の親指で確認しながらむいてください。

IMG_2827

そして、包丁を持っている方の親指を支点にして、関節を曲げないよう刃を上下に動かしながら、大根を包丁側におくる感じで回してください。

■ 包丁を上に動かすときに切り進み、刃を下におろすときは大根を回さずに包丁を手前に戻してください。

このまま、大根が細くなるまで同様に切り進んでください。

IMG_2828

↓↓↓

IMG_2838

そして、むいた後は大根が元の状態になるよう巻き戻してください。

IMG_2839

 ↓↓↓

IMG_2829

巻き戻すときのポイント

■大根が途中で切れた場合は、次に合わせる大根を下側にして重ねてください。

IMG_2841

↓↓↓

IMG_2840

そうすると、後で大根をまな板に広げるときに、下にした方が上の大根にくっついていますので、引っ張りながら先に出て広げやすいです。

※ 大根を転がすよう、逆向きに広げる場合は、上下を反対にしてください。

そして、巻き戻した大根を同じ長さでまな板に広げながら、重ねてください。

IMG_2844

↓↓↓

IMG_2845

↓↓↓

IMG_2846

このあと、大根を切りやすい幅にわけて、細く刻んでください。

■早く上達するポイント

■最初は薄くむくことばかりを気にせず、大根が切れないようにするのを意識してください。

その方が、感覚がつかみやすくて、早く上達します。

①大根を回す練習方法

大根を回す動きを練習するときは、上下の太さが同じ筒やグラスを大根に見た立てて、手の中で転がしてください。

大根けん,だいこん剣,練習

②関節を曲げない練習方法

この動きは箸を1本握ってテーブルの角や机の端などに、親指をあてながら包丁を上下に動かす練習をしてください。

■ 最初は、包丁を持っている手の親指が曲がる場合があります。

しかし、これは手が包丁の動きをまだ覚えていないためですから、何度かむいていると関節は自然に曲がらなくなりますので大丈夫です。

IMG_2836

※ 最初は曲がっていても手が動きを覚えると、ある日突然、むけるようになります。

IMG_2834

2つの練習を同時にする場合

大根の回し方と包丁の動きを合わせて練習するときは、円柱形の物に箸をあて、両手の感覚をつかんでください。そうすると早く上達します。

大根けん,だいこん練習

■この練習方法は大根を使わずにでき、コストもあまりかかりませんので参考にしてみてください。

※ 写真の筒は100円ショップで売っている、お茶の葉を入れる道具です。

横けんと縦けんの盛りつけ

繊維を切る横けん

野菜を切るときに繊維を垂直に切る方法を「横に切る」といいます。

「繊維を切る場合」

IMG_2848

↓↓↓

IMG_2849

そして、横けんは水にさらすと繊維が丸まりますので、それを利用して大根を丸めて器に盛りつけてください。

「横けんの盛りつけ例」

IMG_2851

繊維にそって切る縦けん

もうひとつは繊維にそって切る方法で「縦に切る」といいます。

こちらは水にさらしてパリッとなった繊維をいかす使い方をします。

「繊維にそって切る場合」

IMG_2847

■ 縦けんは大根を立てて盛ることが多いです。

「縦けんの盛りつけ例」

IMG_2866

桂むきとは

材料を帯状にむく手法で、大根、人参、きゅうりなど、断面の丸い食材を使います。

桂むきの語源、由来

桂の木の皮がたて方向に長くむけることから名がついたという説や京都、桂の女人集「桂女(かつらめ)」が頭に巻く白い布に形が似ていることからという説があります。

大根けんの剣(けん)とは

さしみの添え物にする野菜のことで、一般には細切りにした野菜のことをさしますが、特に材料の繊維を垂直に切ったものをいう場合があり「つま」と呼ばれる物の1つです。

そして、名前の由来は鋭い様子を「剣」に見立てたところからきています。

刺身のつまとは

つまは、刺身や汁物の主になる材料に添える野菜や海藻などのことで、特に刺身に添えるものをいいます。

そして、このつまには他にも花穂じそや花付き胡瓜、金魚草などの花や防風、芽じそ、紅たで等があります。

つまの詳しい内容につきましては「刺身のつま【妻と褄の違い】つまの一種の剣(けん)とは」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

刺身の【つま】で使われる2つの字(妻と褄)が持つそれぞれの意味と細切りの添え野菜【剣(けん)】の詳しい内容をご紹介したいと思います。繊維を切った剣を横剣といって刺身に敷くことから敷きづまといい、繊維にそった場合は縦剣と呼び、こちらは立てて使うことから立てづまといいます。

「桂むき」は練習を重ねるとむけますので、あきらめずに取り組んでいただきたいと思います。

注:包丁には十分注意して手をけがしないように仕上げてください。

【大根の桂むき応用編】

あみ大根の切り方2つと切り込みのコツ

【関連】

野菜を使った七夕の盛りつけ飾り

七夕,盛りつけ,たなばた,料理,演出,完成,アイキャッチIMG_4771

大根で器を作る方法とむくときのコツ

大根,飾り切り,器6img_5391

野菜の切り方とコツ一覧へ

簡単な飾り切り手順一覧へ

大根の飾り切り一覧を見る

刺身のわさび台一覧

和食の飾り切り、むきもの道具一覧

【参考】

和食の献立用語集一覧

料理の語源、雑学、用語集一覧

料理を作るときの調味料割合一覧

煮物の配合、煮汁の調味料割合一覧

季節別【旬】の食材表を見る

簡単な飾り切りとコツを見る

今回は桂むきをご紹介いたしました。

他の切り方につきましては≫「野菜の飾り切り【100選】切り方とコツ一覧」に掲載しておりますのでお役立てください。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報