7月 たなばたの盛りつけ飾り,刺身や前菜に役立つ夏の演出

スポンサーリンク


【七夕(たなばた)の料理演出】

今回は野菜を使った七夕の盛りつけ例をご紹介したいと思いますので、前菜や刺身の大皿盛りなどにお役立てください。

野菜の飾り切りと盛りつけ

七夕の盛りつけ、料理演出

「作り方手順」

【1】最初に、薄く切った野菜を短冊型に切ってストローで穴を開けてください。

短冊人参,七夕,盛りつけ,たなばた,料理,演出

そして、ゆでた三つ葉を通して、七夕飾りの短冊を作ってください。

七夕,盛りつけ,たなばた,料理,演出,短冊人参IMG_4756

↓↓↓

「大根、人参、きゅうり」など

七夕,盛りつけ,短冊野菜,たなばた,料理,演出IMG_4759

細工の道具

野菜ジュースやパックコーヒーに付いているストローで穴を開けております。

胡瓜、飾り切り、手おけ、わさび台

■ 今回使用したストローの直径は4㎜ですので、できるだけ細いもの選んでください。

※ 細さの目安は、給食に出てくる三角形のパック牛乳のストローと、ほぼ同じです。

【2】次に、竹筒の大きさに合わせて大根を切り、中に入れてください。

■ この場合の大根を筒と同じ大きさにすると、水分を含んだときに抜けなくなりますので、ひと回り小さく切ってください。

七夕,盛りつけ,たなばた,料理,演出

そして、大葉じそを上に置いてください。

■ このしそは大根を見えなくするために置いていますので、細切り野菜や海そう類でも代用できます。

七夕,盛りつけ,たなばた,料理,演出2

このあと、笹の葉(枝)を大根にさし込んでください。

七夕,盛りつけ,たなばた,料理,演出,ささ,笹

↓↓↓

七夕,盛りつけ,たなばた,料理,演出,笹,大葉IMG_4761

■ さしにくい場合は竹串で穴を開けてからさし込むと、簡単に入ります。

【3】そして、薄く切った大根や、あみ大根を器に広げ「天の川」を表してください。

七夕,盛りつけ,たなばた,料理,演出3IMG_4762

【関連】⇒あみ大根の切り方につきましては≫「大根の飾り切り、あみ大根の切り方2つ」に掲載しておりますので参考にしてください。

【4】ここに【2】の工程で作った笹竹を置いてください。

七夕,盛りつけ,たなばた,料理,演出4IMG_4763

【5】このあと【1】の短冊野菜を器や笹に飾ってください。

七夕,盛りつけ,たなばた,料理,演出5IMG_4767

【6】最後に、輪切りしたおくらを星に見立てて散りばめると「七夕飾り」が楽しめます。

七夕,盛りつけ,たなばた,料理,演出,完成,アイキャッチIMG_4771

■ この上に前菜や刺身などを盛りつけてください。

また、氷の器と組み合わせると、涼しげな刺身の盛りつけが楽しめます。

■ ≫「氷の器の作り方はこちら」 ■

氷器盛りつけ①IMG_4792

今回の大根のところに器を置いて、素麺や「滝川豆腐(たきがわどうふ)」を盛りつけると、7月の料理が色々と楽しめますので参考にしてください。

■⇒「七夕の献立に役立つ滝川豆腐とは

【関連】

⇒「野菜の飾り切り、手順とコツ一覧

⇒「刺身の盛りつけに役立つわさび台

【参考】⇒「夏の料理、和食の献立一覧

次の切り方を見る⇒飾り切りのコツ一覧

次回は違う飾り切りでお目にかかりたいと思います。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報