食材を無駄なく利用する方法に関連した料理内容【レシピ一覧】

食材の活用法【関連レシピ】

本ページでは食材の活用方法に関連した記事を集めましたので、まかない料理や原価管理などの参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

食材を無駄なく利用する方法に関連した料理内容【レシピ一覧】

昆布船を作る方法

食材を無駄なく利用する方法【昆布じめに使った昆布の活用 ■ 昆布船の作り方手順】昆布じめの詳しい内容につきましては「白身魚の昆布じめの基本的な作り方」に掲載しております。

塩さばのあら汁の作り方

塩さばのあら汁レシピ ■ 今回は塩さばの【あら】を使った汁物をご紹介したいと思いますので、まかない料理や鯖(さば)コースの止め椀などにお役立てください。

鮭かまと焼きはらすの汁物

冷めた鮭を利用して作りおきが可能です。また、忙しく働く奥様方の場合は、スーパーで買ってきた塩焼きを、そのまま使って椀物に仕立てて食卓に出すと、手間をかけずに旦那様からの評価が上がるかもしれませんのでお役立ていただきたいと思います。

鶏むね肉のゆで汁の使い方

今回は鶏のむね肉のゆで汁を使ったソースの作り方と付け合わせの野菜類に下味をつける手順、そしてこの2つを利用した盛りつけ例をご紹介したいと思いますのでお役立てください。【食材の活用方法と盛りつけ例】①青ねぎソース②下味に利用する方法

鰤(ぶり)だしの取り方

【鰤出汁(ぶりだし)の作り方】今回は、ぶりの骨を使って「だし」を取る方法をご紹介したいと思いますので、冬の煮物や献立の参考にされてはいかがでしょうか。ぶりだしの取り方手順①最初に、ぶりの骨がついている身や皮の部分を適当な大きさに切り分けてください。

ぶりの骨で作れるつけ焼き

鰤(ぶり)のつけ焼き■ レシピ ■ 今回は、ぶりの中骨や腹骨を合わせ調味料につけた焼き物をご紹介したいと思いますので、まかない料理の参考にされてはいかがでしょうか。

ぶりのあら汁の調味料割合

【ぶりのあら汁割合】今回は、ぶりのあらを使った汁物を作るときの調味料割合をご紹介したいと思いますので、椀物作りの参考にされてはいかがでしょうか。

ぶりあらのつけ焼き割合

今回は鰤(ぶり)のあらの焼きだれ割合をご紹介したいと思いますので、焼き物の献立や和食調理ので参考にされてはいかがでしょうか。ぶりをつけ込む容器にお玉じゃくしで酒を2杯入れ、みりんと濃口醤油を1杯ずつ加えると手早く作れます。

天だしの簡単な利用方法

【天だしの応用編】今回は、天ぷらでは使いきれずに残った天だしの利用方法をご紹介したいと思いますので、サラダ仕立てのドレッシングや蒸し物だれの参考にされてはいかがでしょうか。

だしを取った干し海老の利用

食材を無駄なく利用する方法 だしを取ったあとの干し海老を使いきる【大根の風呂吹きレシピ】 ■ 干し海老だしの詳しい内容につきましては...

鱧(はも)だしの取り方

鱧出汁(はもだし)の作り方手順【今回は鱧の骨と粗(あら)から旨味を煮出す手順をご紹介したいと思いますので、夏の献立や椀物、煮物などの参考にされてはいかがでしょうか】

白ねぎの青くてかたい部分

今回は白ねぎの青くてかたい部分を使った煮魚の手順をご紹介したいと思いますので、煮物の献立や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

甘鯛のうしお汁の作り方

甘鯛の潮汁を作る方法 和食の椀物レシピ集【甘鯛の潮汁の作り方】 頭と骨の下処理工程 【1】最初に、適度な大きさに切り分けてうす塩を...

より人参の作り方と活用法

【より人参の作り方とわさび台の活用法】今回は人参を使った飾り切りをご紹介したいと思いますので、刺身飾りや酢の物、先付けなどの盛りつけの参考にされてはいかがでしょうか。

ふきの葉の使い方

【食材の下処理方法とコツ】今回は、繊維のかたい「ふきの葉」を無駄なく利用する下ごしらえをご紹介したいと思いますので、小鉢や料理のあしらい、そして混ぜご飯の参考にされてはいかがでしょうか。

筍(たけのこ)の絹皮、姫皮

筍(たけのこ)料理の調理例【今回は、ゆでた筍の形をととのえるときに切り落とす穂先の柔らかい皮(姫皮、または絹皮と呼ばれる部分)を無駄なく利用する方法をご紹介したいと思いますので、春の献立やまかない料理の参考にされてはいかがでしょうか。たけのこ料理の基本手順■旨味を加えて煮る下味のつけ方

さよりの骨せんべい

今回は、細魚の中骨と腹骨を乾燥させて揚げる「骨せんべい」をご紹介したいと思いますので、揚げ物の献立やあしらいの参考にされてはいかがでしょうか。【関連】料理用語のあしらいとは

鮎の風干し

今回は鮎を風干しにして軽く水分を飛ばした「一夜干し」をご紹介したいと思いますので、八寸の献立や焼き物の参考にされてはいかがでしょうか。夏の食材と献立【鮎の一夜干しの作り方】鮎の下処理工程①最初に頭を落として大名おろしにした鮎の腹骨を包丁ですき取ってください。

【関連】

絹さやの長さをそろえる

下処理方法とコツ【切れ端の使い方】

大根と人参の皮で作れる

炒め煮レシピとあわせ調味料割合

【項目別一覧表】

■ 下記の一覧表から、各カテゴリーに移動できますので料理作りにお役立てください。

【参考】

野菜の飾り切り100選

野菜の飾り切り方法一覧【料理作りに必要な詳しい切り方手順とコツ285+30種】本記事では、よく使う野菜の切り方や簡単な飾り切り方法、細工切り等を集めましたので季節演出や盛りつけ飾りの参考にされてはいかがでしょうか。※包丁には十分注意して「ケガ」をしないように仕上げてください。

他のレシピにつきましては≫「本サイトの料理内容一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク