刺身の飾り切り【唐草大根の詳しい切り方手順とコツ】日本料理のむきもの

スポンサーリンク


【唐草大根の切り方手順とコツ】

大根の葉を利用した野菜の飾り切り

今回は刺身の大皿盛りや会席料理で役立つ「唐草大根」を作る方法をご紹介したいと思いますので、和食調理にお役立てください。

葉を利用した飾り切り【唐草大根】の手順

IMG_2235

唐草大根の切り方とコツ

「切り方手順」

【1】まず、大根葉を10㎝に切って余分な葉を切り落としてください。

IMG_2196

【2】次に、大根葉の太い方から順番に包丁で薄くへいで切り込みを入れていきます。

IMG_2205

↓↓↓

IMG_2206

【切り込みを入れるときのコツ】

この切込みを入れる場合に浅くすると弓なり形になり、深く入れると丸形に仕上がります。

また、丸く仕上げる場合は、切り込みを均等に入れないときれいに丸まりませんので気をつけてください。

【3】そして、葉を約1㎜の幅で切ってください。

IMG_2210

↓↓↓

IMG_2211

【4】この後、水の中に入れて葉を丸めてください。

写真のように、大根の葉が水分を吸って自然に丸まっていきます。

IMG_2212

↓↓↓

IMG_2215

【5】そして、仕上げたい形に丸まったところで引き上げると「唐草大根」の完成です。

IMG_2224
■切り込みを細かくすると写真のような仕上がりになります。

↓↓↓

IMG_2235
この【唐草大根】は日本料理のお刺身の飾りや大皿盛りなど、会席料理の盛りつけに役立つ飾り切りですので参考にしてみてください。

【関連記事】⇒末広大根の切り方手順

IMG_2201

注:包丁には十分注意して手をけがしないように仕上げてください。

和食の飾り切り方法~関連

■⇒野菜の飾り切り一覧

○⇒和食の飾り切り~むきもの道具一覧

◎【次の切り方を見る  ⇒  手順一覧へ

次回は、違う飾り切りでお目にかかりたいと思います。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報