夏の刺身わさび台,竹きゅうりの切り方【飾り切りとコツ】

スポンサーリンク


きゅうりの飾り切りわさび台~夏の料理演出

今回は夏の刺身や大皿盛りに役立つきゅうりの飾り切りをご紹介したいと思いますので料理作りの参考にしてください。

胡瓜の飾り切り竹わさび台

竹型わさび台の切り方手順

【1】まず、胡瓜を5㎝の長さに切り、最上部と下から2㎝のところを結ぶ線で斜めに切り落としてください。

竹型胡瓜,わさび台,飾り切り,きゅうり

【2】そして、種の部分を月冠抜き(芯抜き)で下から1㎝まで抜いてください。

竹型胡瓜,わさび台,飾り切り,きゅうり

【3】このあと、斜めに切り落とした反対側の下から1㎝強の部分に包丁を刺し込んで中の種をくり抜いていただくと「竹型胡瓜のわさび台」の完成です。

竹型胡瓜,わさび台,飾り切り,きゅうり

↓↓↓

やり直し,竹わさび台,胡瓜,きょうり飾り切り

【関連】

⇒「竹胡瓜わさび台の応用編

やり直し,胡瓜,きゅうり,飾り切り

注:包丁には十分注意して手をけがしないように仕上げてください。

今回のわさび台は夏の刺身や、八寸の猪口がわりに使えますので参考にしてください。

きゅうりの飾り切り一覧

◎【次の切り方を見る⇒飾り切り一覧】へ

料理の盛りつけ飾りにお役立ていただければ幸いです。

次回は違う飾り切りでお目にかかりたいと思います。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報