骨切りした鱧(はも)を焼くときの平串の打ち方とコツ

焼き鱧の串打ち方法

今回は骨切りした鱧(はも)を焼くときの平串の打ち方とコツをご紹介したいと思いますので、焼き物の献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

焼き物の串打ち方法

骨きりした鱧の串の打ち方手順

【1】最初に、骨切りした鱧の皮を下に向けて、まな板においてください。

【2】次に、鱧の手前の4か所から金串を打ってください。

はもの串の打ち方手順

「串打ちのポイント」

串4本の順番は、左右のどちらから先に打っても大丈夫ですが、串先を突き出さないよう、皮にそわせながら通してください。

そして、打つときに手を添えると身がつぶれますので、他の串で横を押さえながら通してください。

はもの串の打ち方

また、両端の串を身幅のぎりぎりに打つと、串回し、または串を抜くときにちぎれやすくなりますので、少し余裕をもたせてください。

「4本の串を打った鱧」

はもの串打ち手順

【3】このあと、身を加熱したときに皮が丸まったり、縮んだりするのを防ぐために、鱧の手前と向こう側に竹串を通してください。

はもの串打ち方法

■ 竹串は左右の金串を身のほうに持ち上げて、中2本が下(皮側)にくるよう、両端と中2本の計3か所で挟んでください。

そうすると、加熱したときに両端の身が皮のほうに縮むのを防ぐと同時に、竹串が抜け落ちにくくなります。

「両側の金串が竹串の上にのった状態」

はもの串打ちの完成写真

たくさんの量を打っていると、途中で間違えやすいですから気をつけてください。

「焼き鱧の調理例」

鱧の焼きだれ割合

鱧の照り焼きの作り方

【関連】

和食の焼きだれ【割合と配合一覧】今回は焼き物を作るときのつけだれ、かけだれ割合を集めましたので、焼き物の献立や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

焼き物の語源、意味、由来50音順一覧

今回は焼き物を作るときの串の打ち方を集めましたので、和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。和食の焼き物手法、串の打ち方と名称一覧■各串打ち方法に移動いたします。

夏の魚介料理関連一覧

夏の野菜料理関連一覧

【参考】

夏の献立一覧を見る

夏の食材50音順一覧表

夏の煮物レシピ関連一覧

今回は鱧の串打ち手順をご紹介いたしました。

他の料理内容につきましては≫「焼き物レシピ関連一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク