和食全般一覧

スポンサーリンク

焼き鯛の旨味を加えた【簡単にゅう麺だしの作り方と割合】

焼き鯛【にゅう麺だし】今回は鯛と素麺を使った温かい麺料理をご紹介したいと思いますので、春の献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。鯛の下焼きと麺だしを作る工程【1】最初に、骨を取りのぞいた鯛の身を25~30gに切り分けて下焼きしてください。【2】次に、だしと調味料を合わせて、麺だしを作ってください。

しょうゆの味を入れ過ぎない【まぐろのづけの作り方と割合】

今回は、まぐろのづけに醤油の味が入り過ぎないように作る方法をご紹介したいと思いますので、刺身がわりや和え物の参考にされてはいかがでしょうか。まぐろの下処理工程【1】最初に、さく取りしたまぐろを湯に通して「霜降り」してください。つけだれを合わせる工程【2】調味料の割合

くじらの焼き物【みそ漬けの作り方と割合】

今回は、くじらを使った焼き物をご紹介したいと思いますので、和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。くじらの味噌漬けの作り方※ くじらは鮮度の良い物を使用してください。くじらの味噌床を作る工程【1】最初に、田舎みそ150gと玉ねぎのすりおろしたもの100gをまぜ合わせてください。

梅花玉子の形作りと色付けのコツ【ゆで玉子を梅型にととのえる基本方法】

梅酢と竹串5本を使った【梅花玉子の作り方とコツ】今回は、うずら玉子を梅の形にととのえる「梅花玉子」の基本手順をご紹介したいと思います。この梅花玉子は冬の八寸物や焼き物のあしらい、松竹梅の祝い肴などに使えますので参考にされてはいかがでしょうか。

かきの身を貝殻から取り出す基本手順【冬食材の下処理方法】

今回は、牡蠣(かき)の身を貝殻から取り出す方法をご紹介したいと思いますので、冬の献立作成や料理作りの参考にされてはいかがでしょうか。【かきの貝殻を外す方法】かきの貝柱は、写真右上の串先付近に位置していますので、この部分に貝割りやバターナイフ等を刺し込んでください。そして、そのまま丸みのあるほうにむけて動かしてください。

スポンサーリンク