刺身の簡単な飾り切り【梅人参のわさび台】切り方とコツ

野菜の飾り切り「梅型人参のわさび台」

今回は人参を使った梅型わさび台の切り方をご紹介したいと思いますので、刺身飾りや松竹梅演出など、冬の盛りつけにお役立てください。

スポンサーリンク

刺身の盛りつけ飾り切り

梅人参のわさび台、切り方手順

【1】最初に、人参を厚めの輪切りにして梅の型で抜いてください。

梅、人参、飾り切り、わさび台

■ 梅人参を包丁で手むきする場合の方法につきましては≫「梅人参の切り方と【ねじり梅】にする方法」に掲載しておりますので参考にしてください。

【2】次に、人参の角に包丁を斜めにあてて、人参を回しながら外側を厚めにむいて中心部をとがらせてください。

■ このとき、人参を鉛筆の先のような形にすると思ってください。

梅、人参、飾り切り、わさび台

↓↓↓

梅、人参、飾り切り、わさび台

【3】そして、角を切り落としたときと同じ角度で人参を1周強むくと、立体感のある「梅型わさび台」が完成します。

梅、人参、飾り切り、わさび台

↓↓↓

梅、人参、飾り切り、わさび台

また、今回の切り方で2周半~3周ていどむいたあと、反対側をひっくり返すと「下写真のわさび台」と同じ形に仕上がります。

【参考】⇒胡瓜のわさび台を作る手順

⇒「人参の飾り切りとコツ一覧

梅人参とねじり梅 ≫桜人参 ≫八重桜

注:包丁には十分注意して手をけがしないように仕上げてください。

野菜の飾り切り手順一覧

⇒「和食の飾り切り道具の名称一覧

次の飾り切りを見る⇒切り方一覧へ

次回は違う飾り切りでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報