冬の人参飾り切り【梅人参】ねじり梅の切り方とコツ!おせち料理に役立つむきもの

 


梅人参の切り方【基本手順】

ねじり梅に切る方法と飾り切りのコツ

今回は冬の飾り切りで一番多く使われる「梅人参」を切る方法と5枚の花びらに切り込みを入れて「ねじり梅」にする手順をご紹介したいと思いますので、参考にされてはいかがでしょうか。

冬の人参飾り切り、梅人参の切り方とねじり梅の手順

梅人参

おせち料理や冬の献立に役立つ梅人参の切り方とコツ

「切り方手順」

【1】最初に、人参を輪切りにして五角形に切る、または写真のように5つの目印をおいて花びらの間隔をとってください。

※ 人参を五角形に切った場合は、辺の中心が爪ようじの位置になります。

【2】次に、爪ようじの部分に切り込みを入れ、丸みをつけながら花びらの形をととのえてください。

IMG_1332

※ 五角形の場合は各辺の中心に切り込みを入れ、その部分を爪ようじにあわせて「梅型」にととのえてください。

【関連】

五角形からの手順につきましては≫「野菜の飾り切り方法【桜人参】の切り方手順とコツ」に掲載しております。

【3】このあと【2】の花びらを同じ要りょうで5つ切ると「梅人参」の完成です。

IMG_1339

梅人参は冬場の刺身や煮物飾りの他にも祝い膳や正月料理に使えます。

梅の花びら5枚を浮き立たせて「ねじり梅」にする方法

【1】花びらの間に包丁を入れて、梅人参の中心まで切り込みを入れてください。

■ このとき外側が深くなるよう、人参の表面に対して斜めに切り込みを入れてください。

IMG_1340

【2】このあと【1】の切り込みの角度で、花びらが浮き出るよう梅の外側を厚くそぎ取って「ねじり」を入れてください。

IMG_1348

【3】そして、花びら5枚を浮き立たせると「ねじり梅」の完成です。

梅人参

注:包丁には十分注意して手をけがしないように仕上げてください。

※梅人参や桜人参は初めの五角形と花びらを気にしすぎると、人参がどんどん小さくなってしまいます。

そして、型で抜いたように均一ではなく、花びらがそろっていないところが手むきの味わいだと思いますので、慣れてこられた方は形を少しゆがましたり、枝付きの梅にしてみたりと、飾り切りや和食のむきものを楽しんでみてはいかがでしょうか。

おせち料理や祝い膳の飾り切り一覧
蝶々の詳しい切り方一覧を見る

梅の簡単なわさび台

梅型わさび台の作り方

人参の飾り切り一覧を見る

梅人参を割合で煮る方法、香梅煮

うずら玉子を梅型にする梅花玉子

和食の飾り切り、むきもの道具一覧

簡単な飾り切り一覧を見る

今回は梅人参をご紹介いたしました。

他の飾り切り手順につきましては≫「野菜の飾り切り方法、切り方とコツ100選」に掲載しておりますのでお役立てください。

次回は違う飾り切りでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。