甘鯛(あまだい)の潮汁(うしおじる)の作り方と割合【1尾分】

 
■ 当サイトをご覧の方々並びに全国の皆様におかれましては、お身体に十分注意していただきたく存じます。
 

甘鯛の潮汁を作る方法

和食の椀物レシピ集【甘鯛の潮汁の作り方】

赤甘鯛(あかあまだい)料理材料と四季の旬食材【和食の料理用語集】

頭と骨の下処理工程

【1】最初に、適度な大きさに切り分けてうす塩をあてた甘鯛の頭と骨を約30分間おいてください。

そして、霜降りをして冷水に落としたあと、血合い、うろこ、よごれ等をていねいに洗い流してください。

甘鯛のうしお汁の作り方とだしの取り方手順,霜降り工程と下処理

頭と骨からだしを取る工程

【2】次に、頭と骨、だし昆布を水と共に鍋に入れ、火にかけて温度を上げながらアクを取り除いてください。

甘鯛のうしお汁の作り方とだしの取り方手順

↓↓↓

甘鯛のうしお汁の作り方とだし取り方法,あくを取る工程

昆布の苦味が出る場合は、汁が煮立つ直前に取り出してください。

分量の目安

甘鯛の頭と骨 1尾分
600㏄
だし昆布 5㎝角1枚

【3】このあと、煮立たせないように約20分間加熱して、魚の旨味を汁に出してください。

甘鯛のうしお汁の作り方,だし取り工程

【4】そして、甘鯛を一旦取り出して、だしをこしてください。

甘鯛のうしお汁の作り方とだし取り方法,あらを取り出す工程

↓↓↓

甘鯛のうしお汁の作り方とだし取り方法,こす工程

↓↓↓

甘鯛のうしお汁の作り方とだし取り方法

仕上げの工程

【5】最後に、酒、塩、うす口醤油で味をととのえ、下処理を施した大根や人参などの野菜類と共に温め直して、具と汁を椀に盛りつけると完成です。

【甘鯛の潮汁の盛りつけ例】

短冊大根、短冊人参、針ねぎ、針しょうが

甘鯛のうしお汁,吸い物の献立

■ 大根と人参は、下ゆでして吸い物だしでサッと煮たものを使用しております。

針ねぎの切り方手順

針しょうがの切り方

吸い物だしの簡単な割合

赤甘鯛(あかあまだい)四季の旬食材用語集

【関連】

野菜の切り方「椀物の飾り切りとコツ」今回は本サイトの飾り切り【100選】から椀物に使える切り方をまとめましたので、季節の演出や料理飾りの参考にされてはいかがでしょうか。

椀物の献立一覧

椀物関連の料理用語集

椀物レシピの関連記事

塩さばのあら汁レシピ ■ 今回は塩さばの【あら】を使った汁物をご紹介したいと思いますので、まかない料理や鯖(さば)コースの止め椀などにお役立てください。

野菜の飾り切り方法100選

【基本手順と切り方のコツ一覧】

食材を無駄なく利用する方法に関連した

【参考】

季節別、旬の食材一覧

胡麻豆腐(ごまどうふ)の作り方とコツ■先付けや小鉢料理の献立に使える胡麻豆腐の作り方2つ【重要】胡麻豆腐を練る作業はヤケドをする可能性が高いですから十分に注意してください!茶巾しぼりと流し缶で冷やし固める方法■材料の割合と調味料の目安分量

かまぼこの飾り切り方法一覧

料理別の簡単な合わせ調味料割合【一覧】今回は、だしに醤油とみりんを加える「簡単な煮汁割合」を一覧表にいたしましたので、料理作りの参考にされてはいかがでしょうか。【関連】他の料理別、調味料割合はこちらに掲載しておりますのでお役立てください。

和食の調味料割合と配合一覧を見る

今回は甘鯛の潮汁をご紹介いたしました。

他のレシピにつきましては≫「本サイトの料理内容一覧」に掲載しておりますのでお役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。