針しょうがの切り方手順,煮魚の天盛りに役立つ野菜の切り方

針しょうがの切り方手順【野菜の飾り切り】

今回は煮物の天盛りや酢の物の前盛りに役立つ針しょうがの切り方をご紹介したいと思いますので料理作りの参考にしてください。

スポンサーリンク

野菜の飾り切り番外編

針しょうがの切り方手順

【1】最初に、しょうがの上下が平行になるよう約5㎝の長さに切り、皮をむいて円柱状にしてださい。

※ この丸くむく方法を「篠むき」といいます。

針生姜,篠むき,はりしょうが,飾り切り

【2】そして、桂むきの要りょうで薄くむいてください。

桂むきの詳しい内容につきましては「大根けんの詳しい切り方~桂むきのコツ5つ」に掲載しておりますので参考にしてください。

針生姜,篠むき,はりしょうが,飾り切り

↓↓↓

針生姜,篠むき,はりしょうが,飾り切り

【3】このあと、しょうがの繊維をそろえて重ね、切りやすい長さにしてください。

針生姜,篠むき,はりしょうが,飾り切り

そして、端から細く刻んでください。

(せん切り)

針生姜,篠むき,はりしょうが,飾り切り

↓↓↓

針生姜,篠むき,はりしょうが,飾り切り,千切り

【4】最後に、しょうがを水でさらして余分な辛みを取り除き、繊維をパリッとさせると完成です。

針しょうが,生姜,飾り切り,千切り

■ 盛りつけ例 ■

⇒「鯛のあっさり煮(八方煮)

鯛煮物,たいあっさり煮,八方煮,針生姜

⇒「骨なしさんまのしょうが煮

さんま生姜煮,秋刀魚煮物,飾り切り,針生姜

注:包丁には十分注意して手をけがしないように仕上げてください。

今回ご紹介いたしました針しょうがは、煮物や酢の物以外にも青魚(さんま、いわし等)の刺身で巻いたり、寿司ご飯にもまぜられますので参考にしてください。

野菜の飾り切り手順一覧

和食の飾り切り~むきもの道具一覧

◎【次の切り方を見る⇒手順とコツ一覧へ】

次回は違う飾り切りでお目にかかりたいと思います。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報