きんこのもどし方(なまこの乾燥品)和食の基本,乾物の下処理方法

スポンサーリンク


【乾物のもどし方】金子(きんこ)

今回は、きんこのもどし方をご紹介したいと思いますので和食調理にお役立てください。

乾物のもどし方「きんこ」

きんこは、なまこを煮て乾燥させたもので、色が黒く、イボがしっかりとついているものが良質です。

【もどし方】

水に一昼夜漬けてやわらかくもどし、腹の部分を縦に開いて内臓を取り出してください。

このあと、鉄鍋を使って番茶とともにゆで、さらにやわらかくもどしてください。

■ 鉄鍋を使う理由は色を黒く仕上げるためです。

今回は、きんこのもどし方をご紹介いたしましたが、他の乾物につきましては「乾物のもどし方11種類」に掲載しておりますので参考にしてください。

【参考】

⇒「煮物の由来、料理用語集一覧

⇒「巻き寿司の失敗しない巻き方とコツ

次回も料理作りにお役立ていただければ幸いです。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報