長芋素麺(ながいもそうめん)の作り方手順【夏の献立】

スポンサーリンク


長芋素麺(ながいもそうめん)

今回は長芋を素麺に見立てて細く切ったあと調味する夏の料理をご紹介したいと思いますので、先付けの献立酢の物の参考にされてはいかがでしょうか。

夏の献立、野菜料理

長芋素麺の作り方【昆布じめ】

【1】最初に、皮をむいた長芋をうすく切り、まな板に並べてください。

※ ぬめりが強い場合は、水にさらしてから切ってください。

【2】次に、長芋の繊維に対して平行に細く切り、昆布ではさんで約2時間そのままおいてください。

(昆布じめ)

【3】そして、長芋を昆布からはずして、うす味の素麺だしや加減酢を添えると完成です。

■ 長芋は味がうすい食材ですので、昆布の旨味を十分に移してください。

そうすると、うす味のつけだれや調味だしでさっぱりとした料理に仕上がりますので参考にされてはいかがでしょうか。

【関連】

夏の料理一覧へ

夏の食材一覧表を見る

野菜の飾り切り100選へ

野菜の詳しい飾り切り方法一覧218種+30今回は和食でよく使う野菜の切り方や簡単な細工切り、飾り切りのコツをまとめましたので煮物、揚げ物、刺身の姿造りなど、盛りつけ飾りや季節演出の参考にされてはいかがでしょうか。

今回は、長芋素麺をご紹介いたしました。

長芋を切り分けるさい、割れないように切る方法につきましては≫「長芋を割れないように切る簡単な切り方とコツ」に掲載しておりますのでお役立てください。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報