そうめんの基本的なゆで方手順【注意点とコツ】

乾燥食品の調理方法

鮎素麺

スポンサーリンク

めん料理の下処理手順

素麺(そうめん)の基本的なゆで方

【1】素麺100グラムに対して1000㏄以上の熱湯を用意し、麺をさばきながら入れて箸でほぐしてください。

【2】そして、約2分間ゆでからザルに上げて水に落とし、水が濁らなくなるまでもみ洗いしてください。

【3】最後に、冷たい状態で提供するときは氷水でしめてコシを出すと完了です。

■ にゅう麺に使う場合は少しかためにゆでて、そのまま調理を続けてください。

以上が素麺のゆで方です。

素麺だしの作り方

素麺をゆでるときの注意点とコツ

温度が上がっていない湯に素麺を入れると、麺がぶちぶちと切れやすくなりますので気をつけてください。

【さし水(びっくり水)について】

ひと昔前までは素麺に限らず、他の乾麺をゆでるときにも「さし水」をするほうが良いとされていましたが、近年の研究結果から逆効果であることが判明しましたので入れなくても大丈夫です。

■ 乾麺は短時間でゆで上げるため、さし水で温度を下げると麺がやわらかくなり、コシも弱くなります。

【追記】

※ 大豆やあずき等の乾燥品をゆでるときは加熱時間がある程度かかるため、さし水を加えて外側と内側のゆで具合を調節する必要があります。

【関連】

鮎素麺の作り方手順

鮎素麺

鮎に関連した料理内容一覧

鯛と椎茸を使った

【簡単にゅう麺の作り方と割合】

焼き鯛と椎茸のにゅう麺の盛りつけ例,春の椀物,お凌ぎの献立

鯛に関連した料理内容一覧

長芋素麺の作り方(甘酢漬け)

長芋そうめん,夏の献立,酢の物

長芋素麺の作り方(昆布じめ)

ながいもそうめん,昆布じめ,夏の献立,先付け,酢の物

素麺南瓜の基本的なゆで方手順

【参考】

じゅん菜の基本的な使い方

じゅん菜の下処理方法

今回は「夏食材」を使った野菜料理の作り方や関連記事を集めましたので、献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。【夏の野菜料理レシピ】作り方一覧

夏の料理関連記事

今回は「夏食材」を使った魚料理の作り方や関連記事を集めましたので、献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。【夏の魚料理の作り方】レシピ一覧■各料理内容に移動いたします。

食材の下処理方法一覧

食材別の料理内容まとめ記事一覧 ■ 各項目に移動いたします。魚介類のレシピ■野菜類のレシピ■肉類のレシピ【関連】寿司、乾物、献立、飾り切り、料理用語、調味料割合、食材漢字クイズ■サイトの料理内容一覧

夏の食材50音順一覧表

【参考】

夏の献立一覧

野菜の飾り切り100選

料理別のあわせ調味料割合と配合一覧

今回は素麺のゆで方をご紹介いたしました。

他のレシピにつきましては≫「本サイトの料理内容一覧」に掲載しておりますのでお役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク