いさきの酒蒸し【しょうがあんかけの作り方】

【いさきの酒蒸し】

今回は、いさきを使った酒蒸しをご紹介したいと思いますので、蒸し物の献立や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

和食の蒸し物レシピ

いさきの酒蒸しの作り方

【1】最初に、骨を取りのぞいた「いさき」に昆布をしき、塩と酒を振りかけてください。

そして、強火の蒸し器で10~15分間、加熱してください。

【2】次に、だし汁、酒、塩、薄口醤油、みりんを合わせて「あんだし」を作り、水溶きのくず粉でとろみをつけてください。

あんだしの割合

だし汁 500
大さじ1
小さじ1/2
薄口醤油 小さじ1
みりん 小さじ1
水溶きくず粉 適量

■ くず粉は「水1:くず粉1」の割合で溶いてください。

また、くず粉がない場合は、片栗粉でも大丈夫です。

【3】調味だしにとろみをつけたあと、しょうがのしぼり汁を加えて「しょうがあん」を作ってください。

【4】最後に、昆布にのせた状態のいさきを器に盛りつけ、【3】のしょうがあんをかけると完成です。

【盛り付け例】

写真は、うす切りにしたヤングコーンを下ゆでしたものと、表面を焼いて皮をむいた赤いパプリカを加えて、クレソンの葉をのせております。

【関連】

蒸し物レシピ一覧を見る

蒸し物の献立一覧を見る

蒸し物用語集50音一覧へ

今回は、いさきの酒蒸しをご紹介いたしました。

和食の調味料割合につきましては≫「料理別の調味料割合と配合一覧」に掲載しておりますのでお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報