焼き鯛の赤飯蒸しの作り方【祝い料理にも使える蒸し物、おしのぎの献立】

 
■ 当サイトをご覧の方々並びに全国の皆様におかれましては、お身体に十分注意していただきたく存じます。
 

【焼き鯛の赤飯蒸し】

今回は鯛(たい)と赤飯を使った蒸し物をご紹介したいと思いますので、祝い料理の献立やおしのぎの参考にされてはいかがでしょうか。

和食の蒸し物【調理例】

焼き鯛の赤飯蒸しの作り方

【1】最初に、骨を取りのぞいた鯛を蒸し鉢の大きさにあわせて切り分け、塩焼きにしてください。

【2】次に、赤飯を約50gで丸くまとめて、蒸し鉢に入れてください。

【3】このあと【1】の焼き鯛をのせて約10分間、強火で蒸してください。

【4】そして、濃いめの吸い物だしで作った「くずあん」をかけ、青味野菜と香り(わさび、しょうがなど)を添えると完成です。

【盛りつけ例】

赤飯を炊飯器で作る方法につきましては≫「赤飯の炊き方手順とコツ【炊飯器を使って美味しく作る方法】」に掲載しております。

御強(おこわ)とは、強飯(こわめし)の女房詞(にょうぼうことば)で、一般に餅米(もちごめ)を蒸したもののことですが、赤飯の別名としても用いられます。■こわい飯は、かたい飯の意 ※うるち米よりも弾力があるため、かたいと表現されている。

女房詞(にょうぼうことば)の意味

【関連】

【鯛の赤飯蒸し湯葉あんかけの作り方】基本調理と豆知識

【飲食店で食べなくても家庭で作れる鯛のお寿司】意外と簡単調理手順

あんかけ料理の大きな利点3つと

【蒸し物にあんかけが多い理由】

鯛に関連した料理内容一覧

料理別の調味料割合一覧

蒸し物の献立一覧を見る

【巻き寿司のコツ一覧】今回は巻き寿司を作る基本方法や破れつさせないコツなど、失敗しないためのポイントをまとめましたので、寿司の盛り合わせや、ご家庭で巻き寿司を作られるときの参考にされてはいかがでしょうか。

今回は焼き鯛の蒸し物をご紹介いたしました。

祝い料理に使える飾り切りにつきましては≫「祝い膳や正月料理(おせち料理)に役立つ飾り切り方法とコツ一覧」に掲載しておりますのでお役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。