なすを天ぷら用に切る方法2つとコツ 末広(扇)の切り方【和食の野菜飾り切り】

 


【和食の野菜、飾り切り】

「なすの天ぷらを作るときの切り方とコツ」

今回は天ぷら用なすの切り方を2つご紹介したいと思いますのでお役立てください。

そして、今回の「末広茄子」は上下を反対にすると「扇茄子」になり、どちらも縁起の良いものとして、婚礼料理などの祝い膳にも用いられますので参考にされてはいかがでしょうか。

野菜の飾り切り【天ぷら用】末広茄子の切り方とコツ2つ

IMG_2715

■茄子の下に敷いてある笹の切り方につきましては「⇒寿司や刺身に役立つ笹葉の飾り切り」に掲載しております。

茄子の天ぷら用、飾り切り①

「末広茄子の切り方①」

【1】最初に、茄子を水洗いして「がく」の部分に包丁の刃を浅く入れてください。

IMG_2692

↓↓↓

IMG_2694

そして、茄子を手前にぐるりと1周まわしながら、がくを切り落としてください。

■ このがくは「うてな」ともいいます。

IMG_2697

■ がくのついていない方(花がつく側)を切る場合は、へたを少し切り落としてください。

【2】次に、茄子を5㎝の長さに切って、さらに1/4に切り分けてください。

IMG_2698

↓↓↓

IMG_2699

【3】このあと、包丁の刃先を使って約1㎜間隔の切り込みを入れてください。

IMG_2700

【4】そして、切り込んだ部分を広げると「末広茄子」の完成です。

IMG_2703

■同じ形にするコツ■

上記【2】の工程で茄子を1/4に切ったあと、丸みのある側、または高さのある方のどちらか一方に向きを揃えて切り込みを入れると、同じ形に仕上がります。

茄子を1/2に切った状態から切り進んで中心まで切り込みを入れ、一度切り離して、そのまま2つ分の末広を切ると、広げたときに向きが反対になります。

■ 続きまして、茄子の丸い中心部の切り方をご紹介いたします。

茄子の天ぷら用、飾り切り②

「扇茄子の切り方②」

【1】まず、茄子を約3㎝の輪切りにして半分に切ってください。

IMG_2705

↓↓↓

IMG_2706

【2】次に、茄子をたおして「末広茄子①」の切り方と同じように約1㎜間隔の切り込みを入れてください。

IMG_2707

【3】そして、切り込みを広げると「末広茄子②」の完成です。

IMG_2708
今回の飾り切りは、どちらも皮目に切り込みを入れて広げると作れ、盛りつけの見た目がきれいになりますので、天ぷらをされる際の参考にしてください。

■天ぷらにする場合は切り込みを入れた皮目が表になりますので、白い方だけに衣をつけて見栄え良く揚げてください。

また、切ってから油で揚げるまでに時間がある場合はミョウバン水に浸けておくと、茄子の変色を防ぐことができ、色出しの効果もあります。

※ これは茄子を煮物にする場合も同様で、ミョウバン水に浸けると色はよくなりますが、皮は若干かたくなります。

⇒「なすの煮物を色よく煮る下処理方法

「揚げ物の関連」

⇒「天ぷら用、なすの切り方

⇒「なすの天ぷらを揚げるときの手順

⇒「抹茶塩の簡単な作り方と割合

■他のつけ塩につきましては⇒「揚げ物用、つけ塩の作り方と割合一覧」に掲載しております。

⇒「小なすの天ぷら、基本の切り方3つ

天ぷらや鍋物などに役立つ椎茸の飾り切り手順につきましては⇒「菊花椎茸の切り方とコツ2つ初級編~上級編」に掲載しておりますので参考にしてください。

注:包丁には十分注意して手をけがしないように仕上げてください。

【関連】

⇒「なす釜の作り方手順とコツ

かもなす,加茂茄子,揚げ出汁,あげだし3img_5280

⇒「かもなす釜の作り方(縦方向)

かもなす釜,あげだし,揚げ出汁3img_5442

⇒「なすに早く火を通す、かくし包丁手順

かもなす,加茂茄子,田楽img_5289

⇒「なすを色よく煮る3つの方法とコツ

なす揚げ煮,茄子,オランダ煮

野菜の飾り切りとコツ一覧

⇒「簡単な飾り切り手順一覧」へ

⇒「刺身の盛りつけに役立つわさび台

⇒「和食の揚げ物、献立集~料理一覧

⇒「揚げ物の語源、意味、由来50音一覧

次の切り方を見る⇒飾り切りのコツ一覧

次回は違う飾り切りでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。