なすを天ぷら用に切る方法2つとコツ 末広(扇)の切り方【和食の野菜飾り切り】

 
■ 当サイトをご覧の方々並びに全国の皆様におかれましては、お身体に十分注意していただきたく存じます。
 

なすの天ぷらを作るときの切り方とコツ

今回は天ぷら用なすの切り方を2つご紹介したいと思いますので、揚げ物の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

野菜の飾り切り、天ぷら用なすの切り方とコツ2つ

天ぷらなすの切り方手順,茄子,飾り切り

■ なすの下に敷いてある笹の切り方につきましては≫「寿司や刺身に役立つ笹の葉の飾り切り」に掲載しております。

なすの天ぷら用【末広、扇の飾り切り①】

【1】最初に、なすのがく(へた、またはウテナと呼ばれる部分)に包丁をあててください。

そして、なすを手前に1周まわしながら筋を入れ、がくの部分を切り取ってください。

がくには、バラのようなトゲがありますので、ケガをしないよう注意してください。

【2】次に、長さ約5㎝に切ったなすを、さらに1/4に切り分けてください。

IMG_2698

↓↓↓

IMG_2699

【3】このあと、包丁の刃先で約1㎜間隔の切り込みを入れてください。

IMG_2700

【4】最後に、切り込んだ部分を広げると完成です。

IMG_2703

■同じ形にするコツ■

上記【2】の工程でなすを1/4に切ったあと、丸みのある側、または高さのあるほうのどちらか一方に向きを揃えて切り込みを入れると同じ形に仕上がります。

※ なすを1/2に切った状態から切り進んで中心まで切り込みを入れ、一度切り離して、そのまま2つ分の末広を切ると、広げたときに向きが反対になります。

■ 続きまして、なすの丸い中心部の切り方をご紹介いたします。

なすの天ぷら用【末広、扇の飾り切り②】

【1】約3㎝の輪切りにしたなすを半分に切ってください。

IMG_2705

↓↓↓

IMG_2706

【2】次に、なすをたおして上記の切り方①と同じ要りょうで約1㎜間隔の切り込みを入れてください。

IMG_2707

【3】そして、切り込みを広げると完成です。

IMG_2708
今回の飾り切り2つは皮目に切り込みを入れて広げるだけで、見栄えのよさと共に大きさがでて、火が通りやすくもなりますので天ぷらの仕込みにお役立ていただければと思います。

■ 天ぷらにする場合は切り込みを入れた皮目が表になりますので、皮のない内側だけに衣をつけてください。

なすの天ぷらを揚げるときの手順

また、切ってから油で揚げるまでに時間がかかる場合はミョウバン水にひたしておくと、変色を防ぐことができ、色出しの効果もあります。

※ これは、なすを煮物にする場合も同様で、ミョウバン水につけると色はよくなりますが、皮は若干かたくなります。

なすの煮物を色よく煮る下処理方法

茄子を色よく煮るにしんなす煮物の作り方,揚げ茄子の味付け工程

なすを色よく煮る3つの方法とコツ

【重要】包丁と油には十分注意してケガ、ヤケドをしないように仕上げてください。

なすの飾り切り一覧を見る

小なすの天ぷら、基本の切り方3つ

茶せんなすの切り方手順とコツ

揚げ物に使える飾り切り一覧へ

夏の飾り切りにつきましては≫「夏の料理を見栄えよくする野菜の飾り切り、むきもの一覧」に掲載しております。

【関連】

抹茶塩の簡単な作り方と割合

揚げ物用つけ塩の作り方と割合一覧

揚げ物献立一覧を見る

揚げ物の語源、意味、由来50音一覧

【参考】

覚えておきたい飾り切り方法とコツ一覧【野菜の飾り切りと細工料理287+30種まとめ】料理によく使う野菜の切り方や簡単な飾り切り方法、細工切り等を集めましたので季節演出や盛りつけ飾りの参考にされてはいかがでしょうか。飾り切りと料理作りに必要な切り方※包丁には十分注意してケガをしないように仕上げてください。

手順がわかると簡単に切れる】

簡単な飾り切り一覧

【簡単な飾り切り方法一覧】今回は本サイトでご紹介しております、野菜の飾り切りから簡単な切り方をまとめましたので、料理の盛りつけや季節演出の参考にされてはいかがでしょうか。関連≫人参、きゅうり、大根の飾り切り【他の飾り切り】

食材別の切り方一覧

人参   ≫きゅうり   ≫大根

なす   ≫れんこん   ≫果物

レモン   ≫すだち   ≫くわい

かぼちゃ  ≫とうがん  ≫笹の葉

かまぼこ      ≫ラディッシュ

各項目別の切り方手順

飾り細工の作り方手順とコツ

料理別の切り方一覧

和食の飾り切り、むきもの道具一覧

他のレシピ等につきましては≫「本サイトの料理内容一覧」に掲載しておりますのでお役立ていただければ幸いです。

次回は違う飾り切りでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク