小なすの飾り切り方法【茶せんなすの切り方手順とコツ】

スポンサーリンク


野菜の飾り切り、小茄子(こなす)

今回は小なすの揚げ物を作るときの基本的な切り方「茶せんなす」をご紹介したいと思いますので和食調理にお役立てください。

野菜の切り方、飾り包丁

小なすの飾り切り「茶せんなす」

「切り方手順」

【1】最初に、なすの上部に浅く包丁を入れて、ぐるりと1周まわしながら、がく(うてな)を切り落としてください。

小なす,切り方,天ぷら,飾り包丁1img_5193

↓↓↓

小なす,切り方,天ぷら,飾り包丁2img_5196

【2】次に、包丁の刃もとで、たてに切り込みを入れてください。

小茄子,茶せんなすimg_5213

■ 切り込みを入れるときに、刃もとの角が中心まで届くよう三角に深く入れてください。

小茄子,茶せんなす2img_5215

この切り込みを中心で交差させると、揚げたあとにちぎれる失敗がなくなります。

【3】そして、なす全体に等間隔の切り込みを7~8か所入れると下ごしらえの完了です。

小茄子,茶せんなす3img_5216

【4】このあと、なすを素揚げしてからキッチンペーパーの上でねじると「茶せんなす」の完成です。

小茄子,茶せんなす,飾り切り2img_5242

↓↓↓

小茄子,茶せんなす,飾り切りimg_5240

【茶せん茄子を盛り込んだ揚げ物例】

揚げ物,2小茄子,茶せんなす,飾り切りimg_5243

■ 上写真のすだちの切り方につきましては⇒「刺身、焼き物、揚げ物に役立つ すだちの飾り切り手順」に掲載しております。

切り込みを入れるときのコツ

なすのふくらんでいる部分の包丁目が浅いと、揚げたときに火の通りが遅くなります。

そして、ねじるときに割れたり、ちぎれたりする原因になります。

小茄子,茶せんなす4img_5217

また、切り込みの間がせまいのも、なすが割れる原因になりますので注意してください。

小茄子,茶せんなす5img_5219

注:包丁と油には十分注意してケガ、ヤケドをしないように仕上げてください。

■ 小なすは千両なすや長なすに比べると苦味が強く、皮がかたいですから煮物などにも応用されてはいかがでしょうか。

【関連】

⇒「小なすの天ぷら、基本の切り方3つ

⇒「なすを色よく煮る3つの方法とコツ

なす揚げ煮,茄子,オランダ煮

野菜の飾り切りとコツ一覧

■⇒なすの飾り切り一覧

⇒「簡単な飾り切り手順一覧」へ

⇒「刺身の盛りつけに役立つわさび台

⇒「揚げ物用つけ塩の作り方一覧

⇒「和食の揚げ物、献立集~料理一覧

⇒「揚げ物の語源、意味、由来50音一覧

次の切り方を見る⇒飾り切りのコツ一覧

次回は違う飾り切りでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報