「 料理用語集(献立名の意味) 」一覧

スポンサーリンク


刺身(さしみ)の語源、由来とは!和食の料理用語集【向付】

刺身(さしみ)とは、魚介類を生食する和食の代表的な料理で「なますの一種」に入り、さしみなますと呼ばれていました。そして、刺身の語源には、切り身にその魚のヒレを刺して盛りつけたという説と、切るという言葉を忌み嫌って「刺す」と言いかえた説の2つがあります。

預け鉢(あずけばち)の意味【和食の料理用語集】

預け鉢「あずけばち」とは茶懐石料理の献立のひとつで、一汁三菜、箸洗い、八寸の他に、さらに亭主が心入れですすめる料理のことをいい、焼き物の次に、炊き合わせや和え物を出して、人数分をひとつの鉢に盛りつけて取り箸を添え、客に預けて取り回すということから「預け鉢」の名がついています。

小吸い物(こずいもの)の意味【和食の献立、料理用語集】

小吸い物(こずいもの)とは茶懐石料理で、箸洗いと同じ意味で使われる献立名です。一般に椀の蓋は折敷(おしき)の外に出しますが、小さい器の蓋は中に置くこともあり、この場合は椀に対して、必ず右向こう側に置いてください。折敷(おしき)とは、茶懐石料理で最初に出される「飯、汁、向付け」をのせた膳のことをいいます。

香の物(こうのもの)の意味【和食の献立、料理用語集】

香の物とは漬物の総称として使われる言葉で、香木のかおりを楽しむ際に「たくあん」をかじって臭覚を取り戻したということから、この名があります。香の物の詳しい内容につきましては≫茶懐石料理で出される香の物の語源、意味、由来に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク