向付け(むこうづけ)の意味とは【和食の献立 料理用語集】

日本料理の献立、向付け(むこうづけ)

スポンサーリンク

和食の料理用語集

向付け(むこうづけ)とは

茶懐石料理の膳で手前に置く飯と汁の両椀に対して、器を向こう側に置くところからつけられた、なますや刺身の名称です。

そして、会席料理では、なますや刺身のこと全般をこの名で呼んでいます。

刺身の詳しい内容につきましては≫「刺身の語源、由来とは、和食の料理用語集【向付け】」に掲載しております。

【関連】

刺身(さしみ)

追肴(おいざかな)

進肴(すすめざかな)

強肴(しいざかな)

八寸(はっすん)

御凌ぎ(おしのぎ)

湯桶、湯斗(ゆとう)

【会席料理と懐石料理】

懐石と会席【2つのかいせきの違いとは】今回は懐石料理と会席料理の違いをご紹介したいと思いますので、和食調理や料理雑学の参考にされてはいかがでしょうか。

【茶懐石料理とは!】

茶懐石料理の由来、献立の名称と順番

【料理用語関連】

料理の語源と意味、献立用語一覧

献立別の料理用語集を見る

料理の雑学、豆知識一覧

【あ段~わ段】

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】

【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】

料理用語集 50音検索一覧

【和食の献立】

献立四季報「春夏秋冬」味暦

季節別、旬の食材一覧を見る

向付けの献立集一覧を見る

今回は向付けの意味をご紹介いたしました。

他の献立名につきましては≫「日本料理の献立名【それぞれの意味一覧】」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク