先吸い(さきすい)の意味とは【和食の料理用語、豆知識集】

スポンサーリンク


日本料理の献立【先吸い(さきすい)】

和食の料理用語集

先吸い(さきすい)とは

前菜のあとや向付けの前に出す椀物で、この椀で味加減や好みを把握しますので、次の献立につなげる役割があり「先吸い物」ともいいます。

そして、椀盛りの構成は、主になる具を「椀だね」添え物の野菜や海藻類などを「椀づま」香りの柚子や木の芽等を「吸い口」といい、この3種類は必ず入れます。

また、昔は響膳(きょうぜん)で座付きに吸い物が出されていたことから、会席料理の一番最初に「座付き吸い」や「座付き吸い物」などの名をつけて出す場合もあります。

■ 響膳(きょうぜん)とは貴族社会に使われる酒宴の祝儀膳のことで、本膳から二の膳、三の膳と続きます。

【関連】

刺身(さしみ)

追肴(おいざかな)

進肴(すすめざかな)

強肴(しいざかな)

八寸(はっすん)

御凌ぎ(おしのぎ)

湯桶、湯斗(ゆとう)

【会席料理と懐石料理】

懐石と会席【2つのかいせきの違いとは】今回は懐石料理と会席料理の違いをご紹介したいと思いますので、和食調理や料理雑学の参考にされてはいかがでしょうか。

【茶懐石料理とは!】

茶懐石料理の由来、献立の名称と順番

【料理用語関連】

料理の語源と意味、献立用語一覧

献立別の料理用語集を見る

料理の雑学、豆知識一覧

【あ段~わ段】

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】

【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】

料理用語集 50音検索一覧

【和食の献立】

献立四季報「春夏秋冬」味暦

季節別、旬の食材一覧を見る

吸い物の献立集一覧を見る

今回は先吸いの意味をご紹介いたしました。

他の献立名につきましては≫「日本料理の献立名【それぞれの意味一覧】」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報