箸洗い(はしあらい)の意味【和食の料理用語、豆知識集】

【日本料理の献立名】

箸洗い(はしあらい)の意味

小吸い物,箸洗い

スポンサーリンク

和食の料理用語集

箸洗い(はしあらい)とは

懐石料理で一汁三菜、または強肴(しいざかな)や預鉢(あずけばち)のあとに、口の中をさっぱりとさせて食事に使った箸の先をお洗いくださいという意味で出す吸い物のことで、小吸い物、湯吸い物、ひと口椀ともいいます。

味加減はごく薄く仕立てて、白湯(さゆ)に梅肉を落としたり、少量の塩で味つけした昆布だしを小ぶりの椀にそそいだものや、米のすり流しを少量加えて濃度を若干つけた吸い物を出します。

そして、汁の具材には草の実や野草の芽など、季節感のあるものを浮かす程度に入れ、先に具を食べてから汁を味わいます。

■ 懐石料理は本来「一汁三菜」で献立が終わり、亭主の心入れで強いてすすめる「強肴(しいざかな)」や客にお預けするという意味の「預鉢(あずけばち)」が出されます。

このあと、箸洗いで口の中をさっぱりとさせて箸先を洗い、八寸を酒肴にして亭主と客の間で杯のやりとりが行われますが、これを「主客献酬(しゅきゃくけんしゅう)」といいます。

箸休め(はしやすめ)の意味

【関連】

折敷(おしき)とは

春の茶懐石料理の最初に出てくるお膳,折敷

日本料理の点心とは

本膳(ほんぜん)とは

一汁三菜の種類と献立名

今回は日本料理で使う献立の意味を整理いたしましたので、和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。■各献立に移動いたします。※本文中の献立名には送り仮名をつけておりますが、実際には漢字のみで表すことが多いです。

八寸(はっすん)

向付(むこうづけ)

刺身(さしみ)の語源

煮物椀(にものわん)

御凌ぎ(おしのぎ)

預鉢(あずけばち)

合肴(あいざかな)

追肴(おいざかな)

進肴(すすめざかな)

強肴(しいざかな)

口代わり(くちがわり)

口取り(くちどり)

台の物(だいのもの)

湯桶、湯斗(ゆとう)

香の物(こうのもの)

水物(みずもの)

【会席料理と懐石料理】

懐石と会席【2つのかいせきの違いとは】今回は懐石料理と会席料理の違いをご紹介したいと思いますので、和食調理や料理雑学の参考にされてはいかがでしょうか。

【茶懐石料理とは!】

茶懐石料理の由来、献立名称と順番

献立別の料理用語集を見る

今回は本サイトや姉妹ブログでご紹介しております料理用語をまとめましたので、献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。和食の語源、意味、由来【項目別の料理用語集一覧】■各 料理用語に移動いたします。

【あ段~わ段】

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】

【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】

料理用語集 50音順検索一覧

刺身の手法と造りの名称一覧

煮物の名称、語源、由来、豆知識一覧

焼き物、和食の串打ち手法と意味一覧

焼き物名称、語源、由来、豆知識一覧

蒸し物名称、語源、由来、豆知識一覧

揚げ物名称、語源、由来、豆知識一覧

ご飯物名称、語源、由来、豆知識一覧

【和食の献立】

献立四季報「春夏秋冬」味暦

季節別、旬の食材一覧を見る

今回は箸洗いの意味をご紹介いたしました。

他の献立名につきましては≫「日本料理の献立名【それぞれの意味一覧】」に掲載しておりますのでお役立ていただければ幸いです。次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク