本膳(ほんぜん)とは【和食の雑学、豆知識】日本料理用語集

本膳(ほんぜん)の意味

今回は武家の礼法が確立した室町時代に始まったとされる本膳料理の名としても用いられる「本膳」についてご紹介したいと思いますので、料理雑学の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

和食の料理用語集

本膳(ほんぜん)とは

日本料理の正式な膳組みで、客の正面に1人ずつ置かれる膳のことをいいます。

本膳の器の配置

膳の上には左手前に飯椀、右手前に汁椀、左向こうが平椀の煮物類、そして右向こう側に膾(なます)を置き、中央には中皿、または中猪口(なかぢょく)に入れた香の物や梅干しを配置します。

また、本膳は「一の膳」ともいいますが、これは本膳料理が「一の膳」のあとに「二の膳」、「三の膳」と続くため、他の膳と区別して主となる膳ということから呼ばれる名称で、7種の器を配置する場合もあります。

■ 現在では、江戸時代に略式化された袱紗料理(ふくさりょうり)を本膳料理と呼ぶことが多く、さらに略式化した料理が茶懐石料理として、茶の湯の席で出されています。

【関連】

茶懐石とは!献立形式、順序と名称

懐石と会席【2つのかいせきの違いとは】今回は懐石料理と会席料理の違いをご紹介したいと思いますので、和食調理や料理雑学の参考にされてはいかがでしょうか。
料理の本来の意味とは
調理の意味とは
今回は日本料理で使う献立の意味を整理いたしましたので、和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。■各献立に移動いたします。※本文中の献立名には送り仮名をつけておりますが、実際には漢字のみで表すことが多いです。
折敷(おしき)とは
今回は、懐石料理に用いられる一汁三菜(いちじゅうさんさい)の種類をご紹介したいと思いますので、和食調理や献立作成の参考にされてはいかがでしょうか。【和食の献立】一汁三菜(いちじゅうさんさい)とは
日本料理の点心とは

料理の雑学、豆知識一覧

今回は本サイトや姉妹ブログでご紹介しております料理用語をまとめましたので、献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。和食の語源、意味、由来【項目別の料理用語集一覧】■各 料理用語に移動いたします。

料理用語集50音順一覧

八寸(はっすん)とは

強肴(しいざかな)とは

御凌ぎ(おしのぎ)とは

和食全般の料理内容を見る

今回は本膳の意味をご紹介いたしました。

他の料理用語や語源につきましては≫「和食の献立【料理用語集一覧】」に掲載しておりますのでお役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク