合肴(あいざかな)の意味【和食の料理用語、豆知識集】

 
■ 当サイトをご覧の方々並びに全国の皆様におかれましては、お身体に気をつけながら経済活動を再開していただきたく存じます。
 

合肴(あいざかな)の意味

スポンサーリンク

和食の料理用語集

合肴(あいざかな)とは

日本料理の献立のひとつで、焼き物と煮物の間に蒸し物や揚げ物を出す場合に多く使われる名称です。

追肴(おいざかな)

強肴(しいざかな)

進肴(すすめざかな)

八寸(はっすん)

【関連】

覚えておきたい飾り切り方法とコツ一覧【野菜の飾り切りと料理作りに必要な切り方、細工料理287+30種】料理によく使う野菜の切り方や簡単な飾り切り方法、細工切り等を集めましたので季節演出や盛りつけ飾りの参考にされてはいかがでしょうか。※包丁には十分注意して「ケガ」をしないように仕上げてください。
和食の献立名、それぞれの意味と特徴
今回は日本料理で使う献立の意味を整理いたしましたので、和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。■各献立に移動いたします。※本文中の献立名には送り仮名をつけておりますが、実際には漢字のみで表すことが多いです。
折敷(おしき)とは
日本料理の点心の意味
本膳(ほんぜん)とは
一汁三菜の種類と献立名
精進料理(しょうじんりょうり)

【茶懐石料理とは?】

茶懐石料理の由来、献立の名称と順番

【会席料理と懐石料理】

2つのかいせき料理の相違点とは!

和食の焼き物手法

【串の打ち方と名称一覧】

献立別の料理用語集一覧へ

料理の雑学、豆知識一覧を見る

【あ段~わ段】

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】

【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】

料理用語集 50音順検索一覧

【項目別一覧表】

■ 下記の一覧表からは各カテゴリーに移動いたします。

閲覧数が多い記事一覧

今回は合肴の意味をご紹介いたしました。

他の料理内容やレシピにつきましては≫「本サイトの料理内容一覧」に掲載しておりますのでお役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク