進肴(すすめざかな)の意味【和食の献立、料理用語集】

スポンサーリンク


【進肴(すすめざかな)】

和食の献立、料理用語集

進肴(すすめざかな)とは

懐石料理の献立のひとつで、一汁三菜、箸洗い、八寸以外に亭主が心入れですすめる炊き合わせ、和え物、揚げ物、珍味などをいい、本来は初釜などの目出たい茶事に出されていましたが、現在では常に使われることが多くなっています。

そして、強肴(しいざかな)追肴(おいざかな)預け鉢(あずけばち)も同じ意味で使われる献立名で、預け鉢は人数分をひとつの鉢に盛りつけて取り箸を添え、客に預けて取り回すということから、この名がついています。

【関連】

刺身(さしみ)

追肴(おいざかな)

強肴(しいざかな)

八寸(はっすん)

御凌ぎ(おしのぎ)

湯桶、湯斗(ゆとう)

【会席料理と懐石料理】

懐石と会席【2つのかいせきの違いとは】今回は懐石料理と会席料理の違いをご紹介したいと思いますので、和食調理や料理雑学の参考にされてはいかがでしょうか。

【茶懐石料理とは!】

茶懐石料理の由来、献立の名称と順番

【料理用語関連】

料理の語源と意味、献立用語一覧

献立別の料理用語集を見る

料理の雑学、豆知識一覧

【あ段~わ段】

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】

【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】

料理用語集 50音検索一覧

刺身の手法と造りの名称一覧

煮物の名称、語源、由来、豆知識一覧

焼き物、和食の串打ち手法と意味一覧

焼き物名称、語源、由来、豆知識一覧

蒸し物名称、語源、由来、豆知識一覧

揚げ物名称、語源、由来、豆知識一覧

今回は進肴(すすめざかな)の意味をご紹介いたしました。

他の献立名につきましては≫「日本料理の献立名【それぞれの意味一覧】」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報