御通し(おとおし)の意味とは【和食の献立 料理用語集】

 


日本料理の献立【御通し(おとおし)】

和食の献立、料理用語集

御通し(おとおし)とは

酒席の献立として一番最初に出す料理のことで、通し物、通し肴(ざかな)または先付け、付き出し、座付き肴(ざかな)ともいいます。

そして、この名は主人が客を通したときに出すという意味でつけられ、最初に吸い物椀を出す場合は、お通し椀、または座付き椀といいます。

【関連】

【和食の雑学、豆知識】今回は日本料理で使う「献立」の意味を整理いたしましたので、和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。■各献立に移動いたします。※本文中の献立名には送り仮名をつけておりますが、実際には漢字のみで表すことが多いです。

【会席料理と懐石料理】

懐石と会席【2つのかいせきの違いとは】今回は懐石料理と会席料理の違いをご紹介したいと思いますので、和食調理や料理雑学の参考にされてはいかがでしょうか。

【茶懐石料理とは!】

茶懐石料理の由来、献立の名称と順番

【料理用語関連】

和食の名称、献立用語集へ

献立別の料理用語集を見る

料理の雑学、豆知識一覧

【あ段~わ段】

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】

【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】

料理用語集 50音検索一覧

先付けの献立集一覧を見る

今回は、お通しの意味をご紹介いたしました。

他の献立につきましては≫「日本料理の献立名【それぞれの意味一覧】」に掲載しておりますのでお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。