料理用語辞典50音順【は~】調理雑学~語源 由来 豆知識 検索

料理用語辞典【は~】基本~応用

和食調理で多く使われる料理用語、語源、意味、由来などを50音順にご紹介しております。

また、料理用語に関連した作り方やコツなども掲載しておりますので、必要な調理用語を目次からお選んでお役立てください。

スポンサーリンク

料理用語辞典、語源、由来、調理法、豆知識50音順検索【は】~

ばいかたまご「梅花玉子」

玉子細工のひとつで、梅の花の形に似せて作るところからこの名があります。

【関連記事】

■「うずら玉子を梅の形にする方法

⇒「梅花玉子の作り方手順とコツ

⇒【梅花玉子の形作りと色付けのコツ

ばいにく「梅肉」

梅の果肉のことです。

ばいにくあえ「梅肉和え」

和え物のひとつで、梅干しの果肉で材料を和えたものです。

【関連】

⇒「和食の和え物、献立集一覧」へ

⇒「天ぷらのつけ塩、梅肉塩の作り方

⇒「和食の基本調理法、和え衣18種

ばいにくじょうゆ「梅肉醤油」

梅肉に醤油を合わせたもので、和え物の衣や刺身のつけ醤油として使います。

⇒「刺身用醤油の合わせ方と割合

ばいにくず「梅肉酢」

梅肉に砂糖や酒、みりんを加えてのばしたり、甘酢でのばして味をととのえたものです。

はかた「博多」

博多帯の織り柄のように2種類以上の色が違う材料を重ねて、切り口がしま目になるようにした料理の総称で、一般に切り口が見えるように盛りつけます

はかたづくり「博多造り(作り)」

刺身の手法のひとつで、イカやキスなどの身が薄い材料を使うことが多いです。

また、昆布締めにした白身魚にゆでた菜の花、菊花などを挟んで軽く重しをかけた料理を「博多押し」という場合があり、こちらは加減酢をかけて酢の物として使えます。

【関連】⇒「酢の物~献立一覧

⇒「刺身の種類と造りの名称一覧

はかたやき「博多焼き」

はさみ焼きと同じような焼き物で、作り方も似ています。

はくせんあげ「白扇揚げ」

揚げ物のひとつで、片栗粉に泡立てた卵白を加えてふんわりさせ、材料をこの衣につけて揚げたものです。

ばくちじる「博打汁」

汁物のひとつで、豆腐をさいの目に切って汁の実にした料理です。

そして、この名は材料の切り方から連想され、つけられたものです。

はこべら(はこべ)「繁縷」

なでしこ科の2年草で「春の七草」のひとつです。

朝日にあたると花を開くところから「あさしらげ」ともいい、山野に自生しています。

そして、茎は直立せずに地面をはうように生えています。

また、はこべは花がつく前に茎と葉を摘み取り、ゆでてお浸しや和え物にする他、汁の実や天ぷらにします。

【関連】

春の七草、その7種類の特徴とは?

1月7日の七草がゆを食べる理由!

1月15日の小豆がゆを食べる理由!

【次のページ】

料理用語の基礎知識【はさ~】

■⇒料理の雑学一覧

料理用語【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

料理の語源、意味、由来、豆知識 50音

和食調理にお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク