1月7日に七草がゆを食べる理由とは!春の七草【人日の節句】

1/7に七草がゆを食べる理由

今回は1月7日に春の七草が入ったおかゆを食べる習慣と、その理由についてご紹介したいと思いますので、料理の雑学や豆知識などにお役立てください。

スポンサーリンク

1月7日に春の七草をおかゆに入れて食べる理由とは!

七草粥(ななくさがゆ)を食べる風習と由来

「七草がゆの由来」

七草がゆは、江戸時代に幕府が公的な祝いの行事とした日の正月の1月7日にあたる「人日の節句」を祝って食べられるおかゆのことで、春の七草と呼ばれる7種類の草花を一緒に煮込みます。

その風習の歴史は古く、奈良時代から行われており、七草がゆを食べるとその年の邪気を除いて万病を防ぐといわれています。

また、七草がゆは消化を手助けする野菜類を使うことから、おせち料理や、ご馳走を多く食べる正月の胃の調子を整える健胃効果もあるといわれています。

このようなことから毎年、人日の節句にあたる1月7日になると、春の七草を一緒に煮込んだ「七草がゆ」が全国各地で食べられるようになりました。

今回は「七草がゆ」についてご紹介いたしましたが、1月には七草がゆの他にも「小豆がゆ」と呼ばれる小豆を入れたかゆを食べる風習が日本にはあり、こちらは小正月の1月15日に食べられています。

■ 小豆がゆの詳しい内容と、意味、由来につきましては「1月15日に小豆の入ったおかゆを食べる理由とは!小正月」に掲載しておりますので参考にしてください。

【関連記事】

⇒「おせち料理の語源、意味、由来とは

1月7日の七草がゆ

⇒「春の七草~種類と特徴

~「では、秋の七草とは?

2月3日の節分とは!節分の由来と風習

⇒「豆まきの由来といわしを食べる理由

⇒「巻き寿司の詳しい巻き方と、コツ!

巻きずし3かん
【節分料理】~和食の献立「椀物集7選」

茶碗を持って食べる理由と和食の決まり事

■⇒料理の雑学一覧

日本料理の献立、それぞれの意味一覧

■⇒献立用語集一覧

⇒「煮物関連、和食の煮物用語集

⇒「焼き物関連、串の打ち方一覧

⇒「焼き物の名称、語源、由来集

⇒「蒸し物の名称、語源、由来集

⇒「揚げ物の名称、語源、由来集

関連⇒料理用語【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

料理の語源、意味、由来、豆知識 50音

【参考】

≫「煮汁の割合と配合 50音一覧

≫「鍋料理を作るときの煮汁割合一覧

■ 調味料割合につきましては≫「和食の調味料 割合と配合一覧」に掲載しておりますのでお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報